2010/01/09

賛美の歌詞紙(かしがみ)

Kashi 私たち夫婦が聖霊のバプテスマを受てから、家族で朝6時に起きて神を賛美するようになった。これは、もう15年くらい使い続けている歌詞紙である。当時小さかった子どもたちのために作ったが、彼らが成長した今でもまだ使っている。朝の賛美礼拝のプログラムは、①賛美、②交読文、③賛美、④祈り、⑤賛美、⑥聖書の言葉、⑦解き明かし、⑧主の祈り、⑨各人の祈り、⑩祝福の祈り、である。これを毎朝欠かさず続けてきた。私たちが病気や災いから守られ、語りつくせないほどの祝福を受けたのは、自然なことではなかっただろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/29

カウンセラー・イエスの絵

Jesus あれは確か、御茶ノ水にあるキリスト教書店だった。偶然にこの絵を見つけて、衝動買いしてしまった。今は、私の机の正面上方に、立派な額にいれて、拝するように掛けてある。あれ以後には、見かけたことがないので、やっぱり思い切って買っておいて良かったと思っている。
 これは、主イエスが現代社会の企業に現れて、実業家の相談にのっておられるところ。まさに私の確信をよくも絵にしてくれたと言いたい作品だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/14

父のハーモニカ

Marmonica これは父が、召される半年くらい前に購入した、数万円もする高級ハーモニカである。母の話では、父はほとんどこれを吹く機会がなかったという。
 私は、小学低学年のときに父からハーモニカの手ほどきを受けた。それまでは、ハーモニカ一本で旋律と和音の伴奏を同時に奏でられるとは知らなかった。父はその上、その旋律をオクターブ奏法で吹いた。それから私も練習して、なんとか父と同じくらいに吹けるようになった。そのほかにも、バイオリン奏法、ビブラート奏法等、いろいろ教えてもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/13

みことばの書

Sho 私たちの教会には、棟方華鶯という書道の達人がいる。気さくなお婆さんで、刺繍もやったり、かつては私が担当していた教会のギター教室の生徒でもあった。そんなわけで、あるとき無理を言って、自分の好きな聖書のみことばを書に書いてもらった。原書は、かなり大きかったのだが、それをデジカメで撮影して、100円ショップで買った額に入れたら、なかなか趣のある壁掛けになった。
 「目が見たことのないもの、耳が聞いたことのないもの、そして人の心に思いうかんだことのないもの。神を愛する者の為に、神のそなえてくださったものは、みなそうである。」 コリント第一 二章九節

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/11

巻物

Makimono
 これは、父の父、すなわち祖父の剣道の免許皆伝の巻物だ。中を見ると神道無念流という流派だが、何が書いてあるのかは、皆目分からない。子供のころは、これを口にくわえて、忍者ごっこしていたような思い出があるが、あとは分からないのでコメントはこれくらいにしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

父の聖書

Bible
 これは、生前に父からもらった文語訳の聖書。父が表紙をビロードでつくり、それに自ら金糸で刺繍を入れた貴重な代物だ。文語のみことばは、とても重みがあり、読む者の心に迫ってくる。父は、えらそうなことは一切言わなかったが、自らの生き様で、たくさんのことを教えてくれた。この聖書を手に取るたびに、それがあらたな感動となって思い出されてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おみやげの写真 | そうじゃな~い! | たわいのないものたち | とりとめのない話 | イザヤ書研究 | エズラ記研究 | エゼキエル書研究 | エックハルト研究(参考文献:「エックハルト説教集」 田島照久編訳:岩波文庫) | キリスト信仰の体験記 | キリスト教の疑問 | キルケゴール研究(参考文献:「死に至る病」:斉藤信治訳:岩波文庫) | サムエル記上研究 | サムエル記下研究 | ドン・キホーテ前篇(一) | ニーチェ研究(「ツアラトストラ(上)」より) | ネヘミヤ記研究 | ビジネスマンへの道 | ブルトマン研究(著書:「イエス」より) | ボンヘッファー研究(「共に生きる生活」より) | マクグラス研究(歴史のイエスと信仰のキリスト:近・現代ドイツにおけるキリスト論の形成) | マタイの福音書研究 | マルコの福音書研究 | ヨハネの福音書研究 | ヨブ記研究 | ルカの福音書研究 | レビ記研究 | ローマ人への手紙研究 | 主イエスのしもべ | 人生の問い | 伝道メッセージ | 使徒行伝研究 | 六弦 | 出エジプト記研究 | 列王記上研究 | 列王記下研究 | 創世記研究 | 情報宣教方法論 | 新改訳聖書に関する疑問 | 新約の時代 | 新約聖書研究 | 歴代誌上研究 | 歴代誌下研究 | 死人がよみがえる | 民数記研究 | 病人をいやす秘訣 | 私のたからもの | 続・エックハルト研究(福音信仰からの光) | 続・ニーチェ研究(「ツアラトストラ(下)」より | 続・ブルトマン研究(ヨハネの福音書) | 続・ボンヘッファー研究(「行為と存在」より) | 続・マタイの福音書研究 | 続・新改訳聖書に関する疑問 | 続・続・エックハルト研究(批評) | 続・続・続・エックハルト研究(信仰の刷新を求めて) | 続・続・続・続・エックハルト研究(キリストのうちに自分を見いだす) | 続・続・続・続・続・エックハルト研究(神の子とされる) | 続・続・続・続・続・続・エックハルト研究(神に仕える) | 続・続・続・続・続・続・続・エックハルト研究(神に知られる) | 続・続・続・続・続・続・続・続・エックハルト研究(神秘主義の光) | 続・続・続・続・続・続・続・続・続・エックハルト研究(神との合一) | 続・続・続・続・続・続・続・続・続・続・エックハルト研究(認識の光) | 続・続・続・続・続・続・続・続・続・続・続・エックハルト研究(変容) | 続・続・続・続・続・続・続・続・続・続・続・続・エックハルト研究(王) | 聖書に関する随想 | 聖書の実装 | 聖書の矛盾研究(「バカダークファンタジーとしての聖書入門」を読んで) | 聖霊の賜物を受ける | 解析学研究 | 詩篇研究 | 道を走る | 遠藤周作研究(「沈黙」より) | 野の花 | KJV翻訳:その意図 | KJV翻訳:創世記