2005/03/23

研究の始めにあたって

 これまでかなりの時間を費やしてエックハルト研究を行ってきたが、それも一応終了したので、今度こそ聖書に取り組んでみたくなった。その際、私が実は今まであまり良く読んだことのなかった新約聖書を対象にしてみたいと思った。というのは、私の人生に今一番必要なのは、主イエスを個人的にもっと良く知ることに思われるからである。
 もし人が人生において、神の前に思うように成長できず、失敗を繰り返し、「どうしてこうなんだろう。」と悩んでいるようなことがあるなら、その理由はただ一つ、主イエスを個人的に知らないからだと思う。
 聖書を何年、何十年学んでも、また聖書をすべて暗記していても、そしてまたたとえ、神学者のようにそれを解釈することができても、もしその人が主イエスお一人を個人的に知らないままならば、その人の人生は、神の前に実を結ぶことはないだろう。神は、すべてを主イエスを通してお与えになるからだ。
 だから、私は主イエスをもっと個人的に知らなければならないと思う。そのために、この研究を始めようと思った。もしこのブログを読む人が、私のように主イエスお一人を個人的に深く知りたいと思われるなら、このブログは、ほんの少しだけ参考になるかもしれない。それは、私と主イエスとの親密な会話となることを願っているから。そして、主イエスは私との会話のように、あなたとも会話したいと願っていらっしゃるのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おみやげの写真 | そうじゃな~い! | たわいのないものたち | とりとめのない話 | イザヤ書研究 | エズラ記研究 | エゼキエル書研究 | エックハルト研究(参考文献:「エックハルト説教集」 田島照久編訳:岩波文庫) | キリスト信仰の体験記 | キリスト教の疑問 | キルケゴール研究(参考文献:「死に至る病」:斉藤信治訳:岩波文庫) | サムエル記上研究 | サムエル記下研究 | ドン・キホーテ前篇(一) | ニーチェ研究(「ツアラトストラ(上)」より) | ネヘミヤ記研究 | ビジネスマンへの道 | ブルトマン研究(著書:「イエス」より) | ボンヘッファー研究(「共に生きる生活」より) | マクグラス研究(歴史のイエスと信仰のキリスト:近・現代ドイツにおけるキリスト論の形成) | マタイの福音書研究 | マルコの福音書研究 | ヨハネの福音書研究 | ヨブ記研究 | ルカの福音書研究 | レビ記研究 | ローマ人への手紙研究 | 主イエスのしもべ | 人生の問い | 伝道メッセージ | 使徒行伝研究 | 六弦 | 出エジプト記研究 | 列王記上研究 | 列王記下研究 | 創世記研究 | 情報宣教方法論 | 新改訳聖書に関する疑問 | 新約の時代 | 新約聖書研究 | 歴代誌上研究 | 歴代誌下研究 | 死人がよみがえる | 民数記研究 | 病人をいやす秘訣 | 私のたからもの | 続・エックハルト研究(福音信仰からの光) | 続・ニーチェ研究(「ツアラトストラ(下)」より | 続・ブルトマン研究(ヨハネの福音書) | 続・ボンヘッファー研究(「行為と存在」より) | 続・マタイの福音書研究 | 続・新改訳聖書に関する疑問 | 続・続・エックハルト研究(批評) | 続・続・続・エックハルト研究(信仰の刷新を求めて) | 続・続・続・続・エックハルト研究(キリストのうちに自分を見いだす) | 続・続・続・続・続・エックハルト研究(神の子とされる) | 続・続・続・続・続・続・エックハルト研究(神に仕える) | 続・続・続・続・続・続・続・エックハルト研究(神に知られる) | 続・続・続・続・続・続・続・続・エックハルト研究(神秘主義の光) | 続・続・続・続・続・続・続・続・続・エックハルト研究(神との合一) | 続・続・続・続・続・続・続・続・続・続・エックハルト研究(認識の光) | 続・続・続・続・続・続・続・続・続・続・続・エックハルト研究(変容) | 続・続・続・続・続・続・続・続・続・続・続・続・エックハルト研究(王) | 聖書に関する随想 | 聖書の実装 | 聖書の矛盾研究(「バカダークファンタジーとしての聖書入門」を読んで) | 聖霊の賜物を受ける | 解析学研究 | 詩篇研究 | 道を走る | 遠藤周作研究(「沈黙」より) | 野の花 | KJV翻訳:その意図 | KJV翻訳:創世記