2017/08/25

着物は古びず、靴はすり減らず

 旧約聖書には、イスラエルの民が40年間荒野を放浪したことが記されている。そして、その結果、たくさんの人々が老化や病気等で世を去ったが、最後まで残った者たちの着物は古びず、靴はすり減らなかったと言われている。
 私は、60歳で個人事業を立ち上げた、その当時は、何もかも初めてで、自分一人でやらなければならなかったのでとても大変な思いをした。しかし、体を壊すこともなく、毎日の業務においても、助けてくれる人もいなかったが、全てが守られ、導かれてきた。そして、最近また会社を立ち上げ、そこでも、もっと大変な思いをしたが、体調を壊したこともないし、精神的にダメージを受けたこともなく今まで来ている。気分的には、もうやめたいと思ったことが何度も、いや常にと言った方が良いくらいあったが、それでも神の導きと信じてここまで歩いて来ることができた。
 旧約聖書の記事は、私の人生において、常に新しい。毎日を生きる上で、「ああ、このことは、旧約聖書のあのことと同じだ」と思い、そして、「ああ、やっと意味わ分かった」と感じて、その記事をまるで初めて読んだかのように感動することが少なくない。そんな時、旧約聖書は、まさに私のために書かれた書物なのだ、そして極端に感想を言えば、「旧約聖書は、私一人だけのために書かれた書物だ」と言いたいくらい、自分の人生にマッチしているように思う。そう、それは、人生そのものではないだろうか。つまり、「荒野の旅」というものは、人一人一人の人生を綴ったものであり、それは万人に適用可能であり、万人を導くことができるのだ。どこへというと、もちろん「約束の地」である。神があなたに与えようと決めておられる約束の地のことである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おみやげの写真 | そうじゃな~い! | たわいのないものたち | とりとめのない話 | イザヤ書研究 | エズラ記研究 | エゼキエル書研究 | エックハルト研究(参考文献:「エックハルト説教集」 田島照久編訳:岩波文庫) | キリスト信仰の体験記 | キリスト教の疑問 | キルケゴール研究(参考文献:「死に至る病」:斉藤信治訳:岩波文庫) | サムエル記上研究 | サムエル記下研究 | ドン・キホーテ前篇(一) | ニーチェ研究(「ツアラトストラ(上)」より) | ネヘミヤ記研究 | ビジネスマンへの道 | ブルトマン研究(著書:「イエス」より) | ボンヘッファー研究(「共に生きる生活」より) | マクグラス研究(歴史のイエスと信仰のキリスト:近・現代ドイツにおけるキリスト論の形成) | マタイの福音書研究 | マルコの福音書研究 | ヨハネの福音書研究 | ヨブ記研究 | ルカの福音書研究 | レビ記研究 | ローマ人への手紙研究 | 主イエスのしもべ | 人生の問い | 伝道メッセージ | 使徒行伝研究 | 六弦 | 出エジプト記研究 | 列王記上研究 | 列王記下研究 | 創世記研究 | 情報宣教方法論 | 新改訳聖書に関する疑問 | 新約の時代 | 新約聖書研究 | 歴代誌上研究 | 歴代誌下研究 | 死人がよみがえる | 民数記研究 | 現代と聖書 | 病人をいやす秘訣 | 私のたからもの | 続・エックハルト研究(福音信仰からの光) | 続・ニーチェ研究(「ツアラトストラ(下)」より | 続・ブルトマン研究(ヨハネの福音書) | 続・ボンヘッファー研究(「行為と存在」より) | 続・マタイの福音書研究 | 続・新改訳聖書に関する疑問 | 続・続・エックハルト研究(批評) | 続・続・続・エックハルト研究(信仰の刷新を求めて) | 続・続・続・続・エックハルト研究(キリストのうちに自分を見いだす) | 続・続・続・続・続・エックハルト研究(神の子とされる) | 続・続・続・続・続・続・エックハルト研究(神に仕える) | 続・続・続・続・続・続・続・エックハルト研究(神に知られる) | 続・続・続・続・続・続・続・続・エックハルト研究(神秘主義の光) | 続・続・続・続・続・続・続・続・続・エックハルト研究(神との合一) | 続・続・続・続・続・続・続・続・続・続・エックハルト研究(認識の光) | 続・続・続・続・続・続・続・続・続・続・続・エックハルト研究(変容) | 続・続・続・続・続・続・続・続・続・続・続・続・エックハルト研究(王) | 聖書に関する随想 | 聖書の実装 | 聖書の矛盾研究(「バカダークファンタジーとしての聖書入門」を読んで) | 聖霊の賜物を受ける | 解析学研究 | 詩篇研究 | 道を走る | 遠藤周作研究(「沈黙」より) | 野の花 | KJV翻訳:その意図 | KJV翻訳:創世記