2011/10/19

新改訳聖書のどこが気に入らないのか

 これまで新改訳聖書について、2つのカテゴリーに渡って批判的な記事を書き連ねてきた。読んだ方々の中には、あるいは気分を壊された方も少なくないかも知れない。そこで、最後に私がこれらの記事を書いた意図をもう一度整理しておきたいと思ったのである。私とて、自己の気分を害さずにこのような記事を書けるものではない。このブログは、他人を批判したり中傷したりするのが目的ではないし、数あるカテゴリーの中で、批判的な記事は、この2つのカテゴリーに限られている。そうまでしてこの記事を書いたのには、それなりの理由があると認識している。それを最後に確認してみたかったのである。それでは、新改訳聖書のどこが気に入らないのか。
 まず第一に、新改訳聖書が他の翻訳の批判から生まれたという経緯である。それにより、その批判に同調する派に連なる数々の教会で、新改訳聖書が公式に採用されることになり、結果的にその他の翻訳聖書がそのような派に連なる諸教会では読まれる機会が著しく制限されるということが起こったのである。しかしそれが十分な説明を経て、各個教会の納得により行われたのならまだしも、教団がこの翻訳を採用すると決められたならその教団に属する教会はすべてその翻訳聖書を採用するというような風に行われてきているのを見ると、やはり最初の批判的な動機による翻訳事業の開始は、現在に計り知れない影響をもたらしていると言わざるを得ないのである。しかしそれは、新改訳聖書の翻訳に関わった方々の意図ではないかも知れないし、あるいは意図であったのかもしれない。いずれにしても、それは彼らに制御できることではなく、キリスト教会のデノミネーションにより、結果的にそのようにならざるを得なかったのである。そして、それを予期することも制御することもできないのに、あえてそれをしたのは、やはり軽率だったのではないかと思うのである。というか、そこまで考えていなかったのだろう。悪く言えば、党派心のなせる業だと思うのである。だからと言って、私は新改訳聖書の訳者たちを恨むこともできない。彼らは、それを自覚していなかったのであり、それを制御する力もないのだから。この件に関しては、誰も恨むことができず、ただただ、新改訳聖書という作品を憎むのみである。
 第二に、上記の2つのカテゴリーで提示してきたように、新改訳聖書には、適切でない翻訳、支離滅裂な意味、表現が溢れているので、これを持って一般信徒が一人でデボーションをするのにはまったく向いていない。デボーションには不適切、使用不可としか言いようがない。新改訳聖書刊行会自身も「聖書は信徒が一人で読むものではない」というような意味のことをそのホームページで語っているのだからあきれて物も言えないのである。聖書が神の言葉であるなら、少なくともキリストを信じた人は、それにむさぼりつくように読むはずではないか。しかしそのように読んでいる人はほとんど見当たらない。その原因が新改訳聖書の翻訳内容にあるとばかりに決め付けるわけには行かないが、福音派、カリスマ派、聖霊派において、新改訳聖書が多用されている現実を見ると、なにか鳥肌が立つような思いがするのである。そして、これらの教派の信徒がもし適切な翻訳聖書を与えられていたら、今ごろは日本に大リバイバルが起こっているのではないかとも思うのである。
 第三に、新改訳聖書は、不完全で統一のとれていない翻訳と見られる点である。ちょっと気をつけて読むと、各書間の訳者の違いが分かるようだ。わざわざ不自然な文章にしてまで、何か翻訳規則を設けて均一な翻訳となるように細工しているようであり、それを直訳と称しているようなのだが、翻訳者間の知識の差は拭いきれず、それが各書間の不整合を生んでいるように見受けられるのである。これについても上記2つのカテゴリーの中に分散して論じているが、ここでいちいちそれを取り集めて証明するようなことは控えたい。
 ここまで書いてきて、上記の主張が、聖書学的な深い知識に立脚していないことは、自分でも自覚しているつもりである。しかしそうだからといって、それが聖書学的な観点から見て間違っているとも言えないと思う。返って聖書学的な知識が、聖書翻訳にどれほど影響するのかは疑わしいと思うのである。というのも、上記のような特定の聖書翻訳への批判を最初に生み出したのは、まさに聖書学的な知識であったのだからである。だから私は、そんなものは捨て置いて、学問的な知識に乏しい一般信徒としての立場からでき得る限りの議論をしているのである。そして、私の書いたことに対して、自由なコメントを求めたのであり、それに誠意を持って応えてきたつもりである。これは、今後も続けたいので、この一連の批判的な記事もそれに対するコメントと共にずっと残しておきたいと思う。
 最後に、前回の記事で、新改訳聖書の批判は、もうこれで終わりにしようという意味のことを書いたが、あれからデボーションで新改訳聖書を読んでいて、やはりちょくちょくと気になる箇所が出てくるので、それをこの記事の最後に挙げ連ねて行きたいと思う。新改訳聖書の引用は、一つのサイトに250節以内とあるが、このサイトでの引用は、まだそれに達していないが、無制限に引用するのを控えるために、ここに掲示するのは、書名、章番号、節番号、概略の説明句に留めたいと思う。

【新改訳聖書の疑問的な箇所】

詩編36:2・・・・・・・・それを憎むことで?
詩編37:27・・・・・・・住み着くように?
詩編45:4・・・・・・・・恐ろしいことを教えよ?
エゼキエル16:43・・・・もうすまい?
エゼキエル37:7・・・・・大きなとどろき?(骨の音が?)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/10/14

接続詞の不自然な用法(これで、ひとまずおしまい)

 「そのようなわけで」という句で二つの文をつないでしまったら、前の文は後の文の理由になってしまうのではないだろうか。そもそも、「そのようなわけで」などという凡人っぽい言葉使いを聖書に用いるべきだろうか。

ヨハネ 11:5~6
【新改訳】
 イエスはマルタとその姉妹とラザロとを愛しておられた。
 そのようなわけで、イエスは、ラザロが病んでいることを聞かれたときも、そのおられた所になお二日とどまられた。
【新共同訳】
 イエスは、マルタとその姉妹とラザロを愛しておられた。
 ラザロが病気だと聞いてからも、なお二日間同じ所に滞在された。

 いま、あえて新改訳聖書を使って聖書通読をしているので、読んでいて変だと思うところをメモして行くと、我慢できるようなものは省略しているのだが、あとから後から指摘したい箇所が出てきて、デボーションの邪魔になるほどだ。こんなことをしていても、聖書を読んだ気にならないから、もうこれくらいにしておこう。「あとは同様」ということで、推して知るべしである。

 でも、最後に言っておきたい。新改訳聖書も、無いよりはましである。だから今、通読に使っているのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分で聖書をもっと勉強すべきではないだろうか

新改訳聖書の訳者たちは、聖書を読んでいないとしか思えない。自分で理解していないからこそ、このような支離滅裂な翻訳をして、平気なのだ。自分の訳した聖書を毎日のデボーションで使っていたら、こんなことにはならないに違いない。

●「わたしの民の娘」を「溶かしてためし」て、どうしようと言うのだろうか。
エレミヤ書 9:7
【新改訳】
 それゆえ、万軍の主はこう仰せられる。「見よ。わたしは彼らを溶かしてためす。いったい、わたしの民の娘に対し、ほかに何ができようか。
【新共同訳】(6節)
 それゆえ、万軍の主はこう言われる。見よ、わたしは娘なるわが民を火をもって溶かし、試す。まことに、彼らに対して何をすべきか。

●主が「諸国の民の王」には、違いないが、それでは「人間の王」と区別がつかない。「諸国民の王なる主」と訳さなければならないだろう。
エレミヤ書 10:7
【新改訳】
 諸国の民の王よ。だれかあなたを恐れない者がありましょうか。それは、あなたに対して当然なことです。諸国の民のすべての知恵ある者たちの中にも、そのすべての王国の中にも、あなたと並ぶような者はいないからです。
【新共同訳】
 諸国民の王なる主よ、あなたを恐れないものはありません。それはあなたにふさわしいことです。諸国民、諸王国の賢者の間でも、あなたに並ぶものはありません。

●この言葉の前でエレミヤは、カルデヤ人によるエルサレムの占領を預言していた。そして、この言葉は、彼がアナトテの畑を買うことを主から命じられたという預言の始めである。それらのつなぎの言葉として、「そのとき」という言葉は、不適切と言うほかはないだろう。
エレミヤ書 32:6
【新改訳】
 そのとき、エレミヤは言った。「私に次のような主のことばがあった。
【新共同訳】
 さて、エレミヤは言った。「主の言葉がわたしに臨んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/13

象徴的で豊かな表現が返って下品になっていないか

預言書には、象徴的な表現が多く出てくる。それは、象徴的に翻訳しなければならないと思う。それを読者の負担にしてはいけない。誰が読んでも、象徴的表現は、そのように受け取られるように訳すべきだと思う。

イザヤ書 60:16
【新改訳】
 あなたは国々の乳を吸い王たちの乳房を吸う。あなたは、わたしが、あなたを救う主、あなたを贖うヤコブの全能者であることを知る。
【新共同訳】
 あなたは国々の乳に養われ、王たちを養う乳房に養われる。こうして、あなたは知るようになる。主なるわたしはあなたを救い、あなたを贖う者、ヤコブの力ある者であることを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教訓、訓戒としての箴言を尊重して欲しい

箴言には、1節が2つの短文から成り立っているものが多いように思う。それは、「こうならば」、「こうだ」とか、「こうすれば」、「こうなる」という教訓を語っているのだと思う。しかし、新改訳聖書を読む限り、そのような教訓として訴えかけてくるものが少ない。だから、読む人に影響力が少なく、箴言の価値が著しく低下しているように思えるのだ。

●「AはB」と言うのと「BはA」と言うのとは、AとBが同値であるとき以外は、意味がまるで異なるものとなる。
箴言 20:27
【新改訳】
 人間の息は主のともしび、腹の底まで探り出す。
【新共同訳】
 主の灯は人間の吸い込む息。腹の隅々まで探る。

●1つの節に入れられている2つの文の間の関係は、やっぱり気にして欲しい。そうでなければ、読む人に、その節の言おうとしていることが伝わらないと思う。
箴言 24:7
【新改訳】
 愚か者には知恵はさんごのようだ。彼は門のところで、口を開くことができない
【新共同訳】
 無知な者に知恵は高尚すぎる。城門で口を開くべきではない。

●「小羊」と聞いたら、「主イエス」だと思ってしまうかもしれない。
箴言 27:26
【新改訳】
 小羊はあなたに着物を着させ、やぎは畑の代価となる。
【新共同訳】
 羊はあなたの着物となり、雄山羊は畑の代価となる。

●「その名」は、「主」で、「その子の名」は、今では有名な「主イエス・キリスト」であっても、この時代の人に、「あなたは確かに知っている」と言うべきではないだろう。
箴言 30:4
【新改訳】
 だれが天に上り、また降りて来ただろうか。だれが風をたなごころに集めただろうか。だれが水を衣のうちに包んだだろうか。だれが地のすべての限界を堅く定めただろうか。その名は何か、その子の名は何か。あなたは確かに知っている
【新共同訳】
 天に昇り、また降った者は誰か。その手の内に風を集め、その衣に水を包むものは誰か。地の果てを定めたものは誰か。その名は何というのか。その子の名は何というのか。あなたは知っているのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味わうべきものは、味わわせて欲しい。お願いだから。

詩編は、味わって読むものだと思う。それを「直訳だ」と言って、無味乾燥なものにしないで欲しいのだ。

●神がある場所に住むために、資金確保として、人々から貢物を取るのだろうか。
詩篇 68:18
【新改訳】
 あなたは、いと高き所に上り、捕われた者をとりこにし、人々から、みつぎを受けられました。頑迷な者どもからさえも。神であられる主が、そこに住まわれるために。
【新共同訳】(19節)
 あなたは高い天に上り、人々をとりことし人々を貢ぎ物として取り、背く者も取られる。彼らはそこに住み着かせられる。

●二つの文のつながりが重要だと思う、それが文脈というものだから。
詩篇 83:16
【新改訳】
 彼らの顔を恥で満たしてください。主よ。彼らがあなたの御名を慕い求めるようにしてください。
【新共同訳】(17節)
 彼らの顔が侮りで覆われるなら、彼らは主の御名を求めるようになるでしょう。

●両方の訳で、前後の文の時制が正反対なのだが、意味が通るのは、どちらの訳だろうか。
詩篇 119:139
【新改訳】
 私の熱心は私を滅ぼし尽くしてしまいました。私の敵があなたのことばを忘れているからです。
【新共同訳】
 わたしの熱情はわたしを滅ぼすほどです。敵があなたの御言葉を忘れ去ったからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時間の文脈を疎かにしていないか

 ヘブライ語は、時間的な前後関係をどのように表現するのだろうか。たぶん、文法的には、あまりはっきりとした規定がないのではないだろうか。レビ記のこの部分の訳を見ているとそんな気がしてくるのだが。いずれにしても、前後関係をはっきりしないと、読む人にとっては、意味が通らない内容となり、結果的に聖書の言葉を軽んじることにもなるのではないだろうか。何と言ってもこれは、神が与えられた律法の言葉なのだから。

レビ記 17:15
【新改訳】
 自然に死んだものとか、野獣に裂き殺されたものを食べるなら、この国に生まれた者でも、在留異国人でも、だれでも、その衣服を洗い、水を浴びなければならない。その者は夕方まで汚れている。彼はきよい

【新共同訳】
 死んだ動物や、野獣にかみ殺された動物を食べる者は、土地に生まれた者であれ、寄留者であれ、その衣服を水洗いし、身を洗う。彼は、夕方まで汚れるが、その後は清くなる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/12

文脈を読み取って、意味を通して欲しい

 歴史書は、特に文脈が重要である。それは、一つ一つの言葉から独立した教訓を得るというのではなく、物語(もちろん実話なのだが)の全体が一つの教訓であり、天国の真理であり、神の主権であり、愛であるということなのである。だから、文脈を無視したら、それはまるで価値のないものになってしまいかねないと思うのだ。
 以下、文脈だけではないが、幼稚な表現も併せて掲載する。

●サムエル記第二 7:10、11
【新改訳】
 わたしが、わたしの民イスラエルのために一つの場所を定め、民を住みつかせ、民がその所に住むなら、もはや民は恐れおののくことはない。不正な者たちも、初めのころのように重ねて民を苦しめることはない。
 それは、わたしが、わたしの民イスラエルの上にさばきつかさを任命したころのことである。わたしはあなたをすべての敵から守って、安息を与える。さらに主はあなたに告げる。『主はあなたのために一つの家を造る。』
【新共同訳】
 わたしの民イスラエルには一つの所を定め、彼らをそこに植え付ける。民はそこに住み着いて、もはや、おののくことはなく、昔のように不正を行う者に圧迫されることもない。わたしの民イスラエルの上に士師を立てたころからの敵をわたしがすべて退けて、あなたに安らぎを与える。主はあなたに告げる。主があなたのために家を興す。

●サムエル記第二 12:14
【新改訳】
 しかし、あなたはこのことによって、主の敵に大いに侮りの心を起こさせたので、あなたに生まれる子は必ず死ぬ。
【新共同訳】
 しかし、このようなことをして主を甚だしく軽んじたのだから、生まれてくるあなたの子は必ず死ぬ。

●サムエル記第二 19:38
【新改訳】
 王は言った。「キムハムは私といっしょに渡って来てよいのです。私は、あなたが良いと思うことを彼にしましょう。あなたが、私にしてもらいたいことは何でも、あなたにしてあげましょう。」
【新共同訳】
 どうか僕が帰って行くのをお許しください。父や母の墓のあるわたしの町で死にたいのです。ここにあなたの僕キムハムがおります。これに主君、王のお供をさせますから、どうかあなたの目に良いと映るままにお使いください。

●サムエル記第二 23:19
【新改訳】
 彼は三人の中でもっとも誉れが高かった。そこで彼らの長になった。しかし、あの三人には及ばなかった。
【新共同訳】
 三勇士の中で最も重んじられ、彼らの長でもあったが、武勲は三勇士に及ばなかった。


●歴代誌第一 12:2
【新改訳】
 弓を持った者、石投げ、弓矢に、右手も左手も使う者で、サウルの同族、ベニヤミンの出であった。
【新共同訳】
 彼らは弓の名手で、右手でも左手でも石を投げ、矢を射ることができた。また、サウルと同族で、ベニヤミン出身であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多くの不自然な表現

 箴言は、文脈の流れを追い難い書だとは思うが、それでも、自然な表現になるように気をつけて翻訳して欲しいと願うものである。
 以下、まとめて掲載する。

【新改訳】 箴言 14:9
 罪過のためのいけにえは愚か者をあざけり、正しい者の間には恩恵がある。
【新共同訳】 箴言 14:9
 無知な者は不遜で互いをなじる。正しい人は互いに受け入れる。

【新改訳】 箴言 16:7
 主は、人の行ないを喜ぶとき、その人の敵をも、その人と和らがせる。
【新共同訳】 箴言 16:7
 主に喜ばれる道を歩む人を主は敵と和解させてくださる。

【新改訳】 箴言 20:27
 人間の息は主のともしび、腹の底まで探り出す。
【新共同訳】 箴言 20:27
 主の灯は人間の吸い込む息。腹の隅々まで探る。

【新改訳】 箴言 21:11
 あざける者が罰を受けるとき、わきまえのない者が知恵を得る。
 知恵のある者が学ぶとき、その人は知識を得る。
【新共同訳】  21:11
 不遜な者を罰すれば、浅はかな者は知恵を得る。
 知恵ある人を目覚めさせるなら彼は知識を得る。

【新改訳】 箴言 21:28
 まやかしの証人は滅びる。しかし、よく聞く者はいつまでも語る。
【新共同訳】 箴言 21:28
 欺いて語る証人は滅びる。聞き従う人の言葉はとこしえに堪える。

【新改訳】 箴言 28:17
 流血の罪に苦しむ者は、墓まで逃げるが、だれも彼をつかまえない。
【新共同訳】 箴言 28:17
 流血の罪の重荷を負う者は、逃れて墓穴に至る。だれも彼を援助してはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御使いに敬語を使うべきだろうか?

 御使いを礼拝した者に対して、御使いは、「ただ神だけを礼拝せよ」と語っている。それから、聖書のほかの箇所には、「私たちは御使いをも裁く者である」と書かれていたと思う。それらのことを背景にして、御使いに敬語を使うべきか考えてみて、やっぱり使うべきではないと思うのだ。

【新改訳】 創世記 22:11
 そのとき、主の使いが天から彼を呼び、「アブラハム。アブラハム。」と仰せられた。彼は答えた。「はい。ここにおります。」

【新共同訳】
 そのとき、天から主の御使いが、「アブラハム、アブラハム」と呼びかけた。彼が、「はい」と答えると、

他のところで、御使いに対して同様の表現をしているところがあるかと思えば、そうでないところもある。全体的には、御使いに対して敬語を使っているのは、ごく一部のようである。こんなことは、聖書の翻訳を分担した訳者間で、相互チェックをすればすぐに分かることだと思う。そのようなことが不完全なまま、出版してしまったのだろうか。そして、今に至っても、それに気づいていないのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おみやげの写真 そうじゃな~い! たわいのないものたち とりとめのない話 イザヤ書研究 エズラ記研究 エゼキエル書研究 エックハルト研究(参考文献:「エックハルト説教集」 田島照久編訳:岩波文庫) キリスト信仰の体験記 キリスト教の疑問 キルケゴール研究(参考文献:「死に至る病」:斉藤信治訳:岩波文庫) サムエル記上研究 サムエル記下研究 ドン・キホーテ前篇(一) ニーチェ研究(「ツアラトストラ(上)」より) ネヘミヤ記研究 ビジネスマンへの道 ブルトマン研究(著書:「イエス」より) ボンヘッファー研究(「共に生きる生活」より) マクグラス研究(歴史のイエスと信仰のキリスト:近・現代ドイツにおけるキリスト論の形成) マタイの福音書研究 マルコの福音書研究 ヨハネの福音書研究 ヨブ記研究 ルカの福音書研究 レビ記研究 ローマ人への手紙研究 主イエスのしもべ 人生の問い 伝道メッセージ 使徒行伝研究 六弦 出エジプト記研究 列王記上研究 列王記下研究 創世記研究 奇跡への入口 心の祭壇 情報宣教方法論 新改訳聖書に関する疑問 新約の時代 新約聖書研究 歴代誌上研究 歴代誌下研究 死人がよみがえる 民数記研究 現代と聖書 病人をいやす秘訣 私のたからもの 続・エックハルト研究(福音信仰からの光) 続・ニーチェ研究(「ツアラトストラ(下)」より 続・ブルトマン研究(ヨハネの福音書) 続・ボンヘッファー研究(「行為と存在」より) 続・マタイの福音書研究 続・新改訳聖書に関する疑問 続・続・エックハルト研究(批評) 続・続・続・エックハルト研究(信仰の刷新を求めて) 続・続・続・続・エックハルト研究(キリストのうちに自分を見いだす) 続・続・続・続・続・エックハルト研究(神の子とされる) 続・続・続・続・続・続・エックハルト研究(神に仕える) 続・続・続・続・続・続・続・エックハルト研究(神に知られる) 続・続・続・続・続・続・続・続・エックハルト研究(神秘主義の光) 続・続・続・続・続・続・続・続・続・エックハルト研究(神との合一) 続・続・続・続・続・続・続・続・続・続・エックハルト研究(認識の光) 続・続・続・続・続・続・続・続・続・続・続・エックハルト研究(変容) 続・続・続・続・続・続・続・続・続・続・続・続・エックハルト研究(王) 続・続・続・続・続・続・続・続・続・続・続・続・続・エックハルト研究(カリスマ信仰) 聖書に関する随想 聖書の実装 聖書の矛盾研究(「バカダークファンタジーとしての聖書入門」を読んで) 聖霊と共に生きる 聖霊の賜物を受ける 解析学研究 詩篇研究 道を走る 遠藤周作研究(「沈黙」より) 野の花 KJV翻訳:その意図 KJV翻訳:創世記