« ものごとの順番と限界 | トップページ | 神への接近 »

2020/07/21

何を祈るべきか。

 神の人になるために、何を祈るべきだろうか。「神様、私を神の人にしてください。」と祈るべきだろうか。しかし、祈りの目的は、「神の御心を知ること」である。それでは、「神様、私が神の人になるのは、あなたの御心でしょうか。」と祈るべきだろうか。否、それが神の御心であるというのがこのカテゴリーの確信である。
 それでは、どのように祈るべきだろうか。強いて言えば、「神様、私に何をお望みですか。」と祈るべきかも知れない。でも、私はそのようには祈らない。というのも、まず何をおいても、神を賛美すべきだと思うからだ。なぜなら、神はそのようにされるに相応しいお方だからである。そして、ひとしきり賛美した後で、何を祈るべきかを考える。通常、それは自然に与えられるように思う。例えば、友達から聞いた祈りの課題が思い出されることがあるかも知れない。
 でも、それについても、何から祈るのかに気を付けるべきだと思う。例えば、その友が受験勉強中だったとしよう。「神様、彼が目指す医科大学に合格しますように。」と祈るべきかも知れない。しかし、もしかすると彼の家庭は、それほど裕福ではないかも知れない。また、難病を抱えた家族がいたりするかも知れない。その他、彼がどんな環境にいるか、私には分からないのに、どうしたら彼のために最善の祈りができるだろうか。そこで、「神様、彼を祝福してください。」と祈るべきではないだろうか。そして、彼について私が知っている限りの状況を神にお話しすべきだろう。そして、神に対して、真剣に心を傾ける必要がある。そして、神が私に祈るべきことを語ってくださるように期待しよう。神は、必ず私に、祈るべきことを教えてくださる、というのが私の確信であり、もし私がそれをつかむことができるなら、そのとき、私は神の人に、本の少しだけ近づいたと言えるのかも知れない。

|

« ものごとの順番と限界 | トップページ | 神への接近 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ものごとの順番と限界 | トップページ | 神への接近 »