« 神の人の資格 | トップページ | 何を祈るべきか。 »

2020/07/21

ものごとの順番と限界

 普通のクリスチャンが「神の人」へと到達するのには、どのような道筋をとるのだろうか。
 まず第一に必要なのは、「祈り」だと思われる。そもそも「祈り」とは、何だろうか。それは、「神へのお願い」だろうか。私は、そうは思わない。それは、「神との会話」だと思う。それは、神という相手がある行為なのである。ここで「祈り」ということへ深入りするつもりはないのだが、要するに言いたいことは、まず最初に「神の御心を知る」ということが来るべきだと思うのだ。
 万一、神が、私が「神の人」になることを望んでいなかったら、それから先は、もう何もする必要はないだろう。だから、まず何をおいても、自分に対する神のご計画を知る必要がある。しかし、果たして神がそれを私に開示されるだろうか。それは、実際に祈ってみないと分からない。しかし、主イエス・キリストの恵みゆえに、神が私に、理由なく沈黙を続けられることは無いと確信する。実際、これまでも、神はいつでも必ず、私の心に答えを下さった。もっとも、涙を流して祈っても、神が沈黙されているように思えたことは確かにあった。でも、今から考えてみると、あのときも神は、やはり語っておられたのに、私は聞こうとしていなかったのだと思う。今では、そんな風に思われるのである。
 いずれにしても、まず最初に「祈り」が来る。そして、祈りとは神との会話である。そして、その中で私は神からある言葉を受け取ることになる。そして、それから後の私は、この「神から受け取った言葉」によって絶対的な制限を受けることになる。そこから、私は一歩も外へ出ることが許されない。
 だから、この「神との最初の会話」の範囲は、あまり狭くしない方が良いだろう。神が自由にあなたに語ることができるように、その会話の範囲は、考えられる限り広く設定するべきだろう。そして、神が語られることは、すべて時に適って美しいのである。あなたは、それに驚嘆し、神を賛美する。それ以外にはない。
 そして次に、神はあなたに、その語られた言葉を実行する力を下さる。あなたは、出て行ってそれを実行する。すると、そこに神が働いて下さる。以上が「ものごとの順序と限界」である。
 しかし、そんなにうまく行くのだろうか。私はいま、なぜ、このようなことを書いているのだろうか。それは、もちろん自分の経験(その一部は、このブログの「キリスト信仰の体験記」というカテゴリーで書いているが)から述べているのである。しかしもちろん、私とても、上記のような手順をとれば、神がいつも必ず働いてくださると言っているのではない。そこには実際、いろいろとリスクもある。まず第一に、私が神の言葉を聞き違えるという可能性もある。また、神の言葉を実行に移すときに、十分な確信がなく、心に迷いが出てしまうこともあるかもしれない。さらにまた、極端には、「失敗する」ということが、もしかしたら神のご計画の中にある可能性もゼロではないと思う。
 そこで、一番大切だと思われるのは、一度言葉を受け取ったと思ったら、確信を持って行動し、失敗を重ねる中で成長するということだと思う。それにより、私たちは、神の御心をより良く知ることができるようになると思えるのだ。もちろん、これらすべての基礎に、聖書を毎日読むということが前提としてあるのだが。

|

« 神の人の資格 | トップページ | 何を祈るべきか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神の人の資格 | トップページ | 何を祈るべきか。 »