« 神と似た者となるために | トップページ

2019/05/22

恵みに留まり続けるために

 主イエスは、「自分の命を愛する者は、それを失うが、この世で自分の命を憎む人は、それを保って永遠の命に至る。」(ヨハネ12:25)と言われた。エックハルトは、ここで言われている「命」とは「魂」のことだと言う。つまり、ここで言われている「愛」の対象は、律法が命じる「自分を愛するように、隣人を愛せよ」というときの対象とは異なるものなのであり、それゆえ、これらの言葉は互いに矛盾しないのである。

 ところで「魂」とは、何であろうか。エックハルトは、「魂という言葉は、魂の根底を意味するものでもなく、魂の本性を言い当てているものでもない」と言っている。魂とは、それほどに捉えどころのないものなのであり、それゆえに魂を、すなわち自分を愛するということもまた捉えどころのないものであり得るのである。そのように捉えどころのない魂を(すなわち自分を)無防備に愛することは、かえって自分を甘やかしてしまい、真理や正義から目を逸らせてしまうことにもなりかねない。そうなったら、むしろ自分の命を損なうことになる危険性があるというのが主イエスの言わんとするところであろう。

 「魂を憎まなければならない」もう一つの理由は、魂が未完成なものであることである。しかもそれは、人が生涯を賭けて作り上げる作品などではなく、実に彼自身なのである。それゆえ、そこにはほんの少しの妥協も許されない。彼が神に創造されたあるべき姿に達するまで、どのような妥協もすべきではないのであり、彼は、彼自身の完成に向けて、自分の生涯をひた走らなければならないのである。

 以上のことの他に、もう一つ忘れてはならないことは「魂と神との関係」である。つまり、魂は神との関係において完成を目指しているということである。そして、それは再び、上記のこと、すなわち「自分の魂を憎む」ということは、「自分を正しく裁くこと」に他ならないということであり、これこそがカリスマ信仰の真髄と言えるだろう。

|

« 神と似た者となるために | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神と似た者となるために | トップページ