« 2019/03/15 | トップページ | 2019/03/28 »

2019/03/17

神の心にかなう者となるために

 エックハルトは、この説教を「魂と神の類似性に関する言及」から始めているように見える。彼は、「まことに、神と魂との近さとは両者の区別も見出せないほどのものである」と言う。衝撃的な言葉ではあるが、彼は実はこの言葉で「魂と神の類似性」を言っているのではなく、文字通り「魂と神の近さ」を言っているのである。しかしその次に彼は、「神がみずからを認識するときのその同じ認識が、自由となったおのおのの精神のなす認識なのであり、これらはけっして別なものではない」と続ける。そして、これもまた「魂と神の類似性」を意味するものではなく、「魂と神、双方の認識という働きの類似性」を言っているのである。そして次には、「神的光」というものに触れ、「それが魂の諸力の内に射しこむことはありえない」と語り、魂と神とを完全に遮断するのである。しかしまた次で、「修練と浄化によっては、それらは受容するようにもなりえるのである」と言う。そして最後に再び、「なるほどその光は内面の光に等しいのではあるが、しかし内面の光ではない」と両者の区別を明確にするのである。エックハルトの言葉は、細心の注意を払って理解しなければならない。つまり彼は、ここで彼の説教を実は「魂と神の類似性」で始めているのではなく、「魂と神の区別性」で始めているということなのである。
 そのひとつの意図は、恵みにおける御子の役割の強調である。「さて、子を通らなければ、だれも父のもとに行くことはできない」と彼は言う。そしてまた、「神の独り子と魂との間にはいかなる区別もない」と語る。これをもってして、安易な神学と早合点する必要はない。「区別がない」と言っているのであり、「同じもの」と言っているのではないのだから。
 エックハルトにおいては、まったく同じにできている2つのものがあったとしても、それらは同じものなのではなく、たまたま似ている2つの異なるものなのである。しかし、また同時に、それらの似ている2つのものは、「似ている」ということにより、同じように動くことが保証されている。そこで、それら「瓜二つに似ているが、まったく個別である2つのもの」の間には、非常に緊密な関係が存在することになるのであり、その似ている2つのものが、「魂と神」ということなのである。
 そのように魂にとって、複雑に近くて遠い、神という存在の心にかなう者となるために、エックハルトは、一つの方法論を提唱する。それは、「自分自身の内に鍵をかけて、しっかりと閉じこもる」という戦術である。それは、気持ちを散乱させる、この世界の種々雑多なものから逃れて、神が自分の内に造ってくださった聖なる類似性に集中するということである。その「聖なる類似性」とは、すなわち「三位一体」である。つまり、御子が完全な人となられたという事実にあくまで立脚し、御子における神との合一を模索するのである。
 彼は祈る、「わたしたちが自分を、知性の日と時とにおいて、知恵の日において、義の日において、そして浄福の日において、内面に見出すよう、父と子と聖霊が助けてくださるように。アーメン。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019/03/15 | トップページ | 2019/03/28 »