« 三位一体の神を信じる | トップページ

2018/12/15

あと一つ足りないもの

 教会に通い、聖書を読み、神学もちょっとだけ学び、家族を愛し、与えられた仕事を一生懸命にし、そしてある朝、目覚めたとき、なんだか力がでないということがある。どうもいつもの調子が出ない。何が足りないのか。そんなことは、誰にもあることで、そのうちに調子も出てきて、力も、自信も出てくるものなのだが、それがどうも自分の思うようにならない。100%の安心がない。信仰の必然性がない。それが罪の中にいるということなのか。
 いや、たぶん違うのだろう。信仰は、そんなに混沌としたものではないはずだ。誰でもが普通に努力すれば、勝利を勝ち取れるはずのものではないか。それでは、その原因は、何なのか。いつもいつも完全に信仰の中を歩めないということの原因は、いったい何なのか。それは、それは、やっぱり自分の力にまだ頼っているということなのだろう。
 そう、信仰の調子を自分で取り戻そうとしているところに無理があるのだろう。それでは、どうすれば良いのか。そもそもの始まりは、どこなのか。それは、「礼拝」である。
 「神を礼拝すること」。ここからすべてが始まる必要がある。「主を喜び祝うことこそ、あなたたちの力の源である。(ネヘミヤ8:10)」
 それ以外に、私が力を得る道はない。私の内には、良いものがないからだ。そして、聖書を読んで考えても無理である。考えるのは、私だからだ。しかし、もし神を礼拝するなら、私の内に聖い憧れが湧き起こる。そして、聖霊による啓示が与えられる。
 私は、これをつかむ必要がある。つまり、「主を喜ぶことから力を得ること」である。そして、それは、神との関係の構築であり、自分の祭壇を築くことであり、それ以外のものではない。それは、今日を生きるためのものであり、今日、神に仕えるためのものであり、明日のためではない。「明日は、明日自身が思い煩に違いない。」
 黙示録を読んでみたまえ。そこに最後のことが記されている。すなわち、「彼らは地上の広い場所に攻め上って行って、聖なる者たちの陣営と、愛された都とを囲んだ。すると、天から火が下って来て、彼らを焼き尽くした。(黙示20:9)」
 だから、私たちは、神と共に戦い、最後に勝利を得るのではない。最後に勝利を得るのは、神お一人なのである。私たちは、悪魔との戦いについに勝利するのではない。それは、神が今すぐにでも成し得ることであり、神がそれをなさらないのは、命に定められながら、今失われている者をすべて救うためなのであり、私たちがそのために成すべきは、今日というこの日の小さな戦いにおける一つ一つの勝利なのである。

|

« 三位一体の神を信じる | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59973/67484574

この記事へのトラックバック一覧です: あと一つ足りないもの:

« 三位一体の神を信じる | トップページ