« キリストの苦しみの欠けたところ | トップページ | 異言のクリエイティビティ »

2018/12/01

聖霊について

 聖霊は、一言で言えば、「神のワンストップサービス」である。主イエスが天に帰られた後、代わりに来てくださったのが聖霊であり、私たちは、聖霊を通じて、父なる神と主イエス・キリストとコミュニケーションすることができる。そして、それが唯一の完全な方法なのである。なぜなら、聖霊は人格者なので、私たちの言葉を理解してくださる。いや、言葉だけでなく、思いを理解してくださるのである。もし私たちの祈りが不完全なものであっても、--実際、私たちの祈りが完全であることは有り得ないのだが--聖霊が私たちの意図するところを父なる神の御心に適うように執り成してくださる。だから私たちは、いつも安心して心を注ぎ出して、父なる神にお願いをすることができるのである。
 聖霊は、どのように私たちのそばにいてくださるのであろうか。それは、空気のように一様に世界に満ちているのではなく、まるで一人の人のように、私たちに寄り添っていてくださるのである。それは、主イエスが、復活の後に、五百人以上の弟子たちに同時に現れたようにである。しかし、それ以上ではなかった。主イエスは、信じる者にだけ現れられたのである。そのように、聖霊も私たち信じる者とだけ共におられるのである。その意味では、遍在ではないのだが、すべての信じる者に同時におられるというところが遍在なのであり、聖霊の神たる所以である。
 だから私たちは、聖霊に対するときに、そのことを意識しなければならない。聖霊をあたかも自分だけのお方のように、親密に相対する必要があるのである。『私はいつも、自分の目の前に主を見ていた。(詩篇16:8)』と語ったダビデのようにである。パウロもこれについて『絶えず祈りなさい。(第一テサロニケ5:17)』と言っている。

|

« キリストの苦しみの欠けたところ | トップページ | 異言のクリエイティビティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖霊について:

« キリストの苦しみの欠けたところ | トップページ | 異言のクリエイティビティ »