« 2018/10/16 | トップページ | 2018/12/01 »

2018/10/30

キリストの苦しみの欠けたところ

 キリストは、全世界の人々のために死なれたと言われ、また、「あなたの罪は、キリストの十字架により、すでに贖われた」とも言われる。でも、長い間疑問に思っていたことがある。世界の人口が、例えば70億人として、キリストが世界の人々の罪をその十字架の死により購ったのだとすれば、私の分は、その70億分の1に過ぎないのではないか。そして、私への神の愛もやはり70億分の1なのではないか。キリストの死は、それだけに値するのだと言われても、やはり数学科を卒業している私には、どうもピンと来なかった。「そんな風に算数的に考えてはいけない」と言われても、やはりどうも計算が合わないように思えたものだった。。
 ところで、使徒パウロは、聖書の中で次のように言っている。
 『今やわたしは、あなたがたのために苦しむことを喜びとし、キリストの体である教会のために、キリストの苦しみの欠けたところを身をもって満たしています。(コロサイ1:24)』
 パウロは、なぜこんなことを書いたのだろうか。キリストの苦しみにどこか足りないところがあったとでも言いたいのだろうか。それとも、自分の功績を自慢したかったのだろうか。
 その理由は、「キリストの苦しみも、贖いも、その量にしてみれば、高々人間一人分だった」からである。
 それでは、なぜその高々一人分の死が私にとって70億分の1とはならないのだろうか。それは、まず、キリストご自身は、その贖いを受ける必要がない。彼には、罪がなかったのだから。だから、その一人分の贖いは、無傷のままであり、誰でも使える状態にある。神がそのように決められたのである。
 そして次に、私がそのキリストの死を自分のためだったと信じるまでは、私の罪は、まだ赦されないままであるということだ。そして、私がキリストの十字架の贖いを信じたとき、そのことに免じて、神は、私の罪を赦してくださるのである。だから、ここでもキリストの一人分の贖いは、使われることはない。それは、私と神様の間のことであり、私はキリストにより、神から直接に赦しを受け取り、神の子とされるのである。
 同じように、キリストにおいて、私は、神から直接に愛されている。キリストを救い主として信じたからである。キリストの十字架において表された神の愛は、私に至って70億分の1になるのではない。神は、キリストの十字架において示された愛で、正に私を新たに愛してくださるのである。つまり、キリストの愛は、神の私への愛の「見本」である。本物は、今神が正に私に対して持っておられる、その愛なのである。
 だからパウロは、あのように言い得たのである。 とりとめのない結論ではあるかも知れないが。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018/10/16 | トップページ | 2018/12/01 »