« 心の祭壇を築くために | トップページ | パカッ聖書 »

2018/05/07

聖と俗を区別する

 あなたたちのなすべきことは、聖と俗、清いものと汚れたものを区別すること、またモーセを通じて主が命じられたすべての掟をイスラエルの人々に教えることである。  レビ記10:10〜11

 私たちの心の中には、神の聖霊が宿っているので、それは、生きた神殿と言えるだろう。しかし、それは、また同時に私たちの生来の肉なる心の住み家でもある。しかし、この聖なるものと俗なるものは、混在しているのではなく、はっきりと区別されなければならない。ここに今日私たちがレビ記を読む意義がある。すなわち、神は、私たちにどのように聖と俗を区別するように教えておられるかを学ぶのである。それと同時に、そのようにして区別された、きわめて聖なるものが、また常に私たちの内にあるように、神が定められた、その驚異を知り、神を讃えるのである。
 私たちが、そのように、自分の内に聖と俗を区別することを覚えるときに、初めてその聖なるものが、私たちの内で輝きを放つようになる。かつて、一般の民が、この聖なるものをかいま見ることは、そのまま死を意味した。アロンのような、神に選ばれた祭司だけが、至聖所に入り、その聖なるものを垣間見ることを許された。しかしその場合にも、丹念に身を清め、香油を注ぎ、額には「神の聖なる者」という額当てを着けなければならなかった。そして、一つ間違えば、待っているのは死であり、その訪れを外部の者が察知できるように、祭服の裾に付けた鈴の音が常に彼がまだ生きていることを告げていた。
 今日、私たちは、自分の心の中で、このアロン彼自身なのである。そして、自分の内に、聖なるものと俗なるものを区別するとき、このアロンの感じていた思いをまた自分の内にも見出すのであり、そのようにして、自分の心の王国のために、罪の贖いをすることができる。そこで流されるのは、動物の血ではなく、十字架に架けられた、主イエス・キリストの血であり、ここにおいて、初めて聖めの業が完成するのである。
 あなたは、こころして、神の賜物を自分の肉なる心の内に捜し求めることがないように気をつける必要がある。あなたはそれを、天からあなたの内に降って来た、聖なるものの中に探すべきである。そうすればそれは、あなたの心の病を癒し、肉体の病を取り去り、さらにあなたの体から溢れ出して、周りの人にまで影響を及ぼすだろう。それは、あなたが、自分の内に聖なるものと俗なるものを区別することにより、心の内に神を正しく迎えたからであり、そのようにあなたは、今日の家庭や社会における祭司なのである。

|

« 心の祭壇を築くために | トップページ | パカッ聖書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59973/66695637

この記事へのトラックバック一覧です: 聖と俗を区別する:

« 心の祭壇を築くために | トップページ | パカッ聖書 »