« エックハルトの真意 | トップページ | 『神の前にどのように立っているべきか』ということについて »

2018/04/21

「神の前に、どのようにあるべきか」ということについて

説教一:『魂という神殿について』

 キリスト信仰にとって、障害になることが2つあるとエックハルトは言う。それらは、「無知」と「自我性」である。
 この「無知」とは、「自分の信仰に対する無知」であり、「神のために生きている」と思いながら、実は「自分のために生きてしまっている」ということである。エックハルトは、そのような人々のことを「神と取引をしている商人のような人々」と表現する。そして、「彼らは真理についてほとんどあるいは全く知ることがない」と言う。主イエスは、そのような人々を、縄の鞭で宮から追い出された。そして、「真理が認識されると商人たちは立ち去り、そして真理はいかなる取引も求めることはない」という。「ただ神の栄光のためにのみ働き、自分のものを決して求めることがない」人々こそが、自分の信仰を真に自覚している人々なのである。
 次に「自我性」であるが、これをエックハルトは、「鳩を売っていた人々」と表現する。主イエスは、彼らに対して、「このようなものは、ここから運び出しなさい」と優しく諭されたと言う。つまり、彼らは確かに、「ただ神の栄光のためにのみ活動していた」のだが、その方法や形態、内容が自分の独断から出たものであったということである。これに対してエックハルトは、「これらのわざによって最善の真理への到達がはばまれてしまう」と言う。
 この「無知」と「自我性」から人間の精神が自由になるならば、彼の魂は、さながら神を宿す神殿のような輝きを放つものになると彼は語る。つまり、信仰の刷新のためには、この「無知」と「自我性」から解放されることがどうしても必要なのである。
 この「解放される」ということは、「神殿としての自分の心からこれらの障害を追い出す」ことであり、エックハルトが提示したいことは、この信仰における「積極性」なのである。彼は、その一連のドイツ語説教集を、この最低レベルの積極性から始めるのである。そして、人がそのことに成功するまでは、彼の心が主イエスの語りかけを聞くことはないと言う。こここそが信仰の出発点なのである。つまり、主イエスが言っておられた「自分を捨て・・・」ということであり、それをエックハルトは、「それは、こういうことだ」と熱く語っているのである。
 あなたの心が、もし主イエスの語りかけを真に聞くことができるなら、ただそのことのみにより、あなたは、「無知」と「自我性」から解放されることができる。『彼らはそれらを片付け去った。見なさい、今やそこにはイエスのほかだれもいない。そしてイエスが神殿の中で語り始めたのである。あなたはこのことをはっきりと知っておかなくてはならない』とエックハルトは語る。
 あなたがもしこのスタート地点に自分を置くことができるなら、あとはもう何もする必要がない。「主イエスは、父の一なる言である」。そして、この「言」があなたにすべてを教える。あなたがまだ迷い続けているなら、それは、このスタート地点に立つことなく、競争をしているからに違いない。あなたは、ただ主イエスがあなたの心の中で語り始めるまで、一生をかけても待つ必要があるのである。もっとも、それは決して一生もかかるものではない。なぜなら、エックハルトが言う通り、それを一番心待ちに待っているのは、主イエスご自身だからである。

|

« エックハルトの真意 | トップページ | 『神の前にどのように立っているべきか』ということについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59973/66636425

この記事へのトラックバック一覧です: 「神の前に、どのようにあるべきか」ということについて:

« エックハルトの真意 | トップページ | 『神の前にどのように立っているべきか』ということについて »