« ヤコブとラバンの化かし合い(29~31章) | トップページ | ○○○殺人事件(34章) »

2015/08/05

神と相撲をとる(32~33章)

 2人の妻と多くの家畜を含む全財産を抱えて伯父ラバンの家から逃走したヤコブは、兄エサウの住む実家へ向かっていた。それは、神の配剤でもあり、ヤコブは長子としてイサクの家を継がなければならなかったのである。しかし、ヤコブは兄エサウの復讐を恐れていた。そして、ヤボクという渡し場で祈るうちに、その場所に現れた神と相撲をとって勝ち、イスラエルという名と共に神からの祝福を受けたのであった。
 ヤコブは、なぜ格闘で神に勝つことができたのだろうか。また、それには、どんな意味があるのだろうか。まず、神がヤコブに語っていることに注目する必要がある。「お前は神と人と闘って勝った」。ヤコブは、神に勝っただけでなく、同時に人にも勝ったのであった。ヤコブは、神と戦うと同時に人と戦っていた。つまり、ヤコブが戦っていたのは、神であり、同時に人である者であった。「神であり、同時に人である者」、それは、イエス・キリストであるが、そのことは、今は置いておこう。神はこのとき、神でありながら、同時に完全なる人になっておられたのである。それは、なぜか。ヤコブと戦うためであった。神は、ヤコブと対等に戦う方法を捜し求め、人となって現れることを選択されたのであった。何のために?ヤコブと戦うためであり、そのこと自体が目的だったのである。戦いとは何か?私たち人間は、例えば生活の糧を得るために戦う。あるいは、恋人を得るために戦う。つまり、何か別のものを自分のものにするために戦うのである。しかし、神にはそのようなことは必要ない。私たちには、戦いの真の意味が分からないのである。戦いとは、契約以上のものである。神は、アブラハムを選び、彼と契約を結ぶことにより、人間と特別の関係に入られた。創造主と被造物の関係のような、主従関係ではなく、対等の本気の関係にである。しかし、究極的な本気の関係とは、戦いなのである。そして、戦いの本質は、どちらが勝つか分からないところにある。そして、どちらが勝っても、負けた方は、勝った方である相手を祝福するのである。神は、決してヤコブより弱くはなかった。しかし、「ヤコブに勝てなかった」のであった。神の目的は、ヤコブに勝つことではなく、ヤコブと戦うことだったのである。そのために神は人となり、それゆえにヤコブに勝てなかったのである。そして、夜が明けるという期限切れを前に、反則を犯された。つまり、ヤコブの腰のつがいに触れられたのであった。そのことにより、神は反則負けを期し、「お前の名はもうヤコブではなく、これからはイスラエルと呼ばれる。お前は神と人と闘って勝ったからだ」と言って、ヤコブを祝福されたのであった。このことにより、ヤコブは神と戦って勝った者と呼ばれる。それは、全世界でただ一人、神と最高の親密な関係を持った者という意味であり、神は、イスラエルをそのような民族として選ばれ、本気の関係を持つことを意思されたのである。

|

« ヤコブとラバンの化かし合い(29~31章) | トップページ | ○○○殺人事件(34章) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59973/62025487

この記事へのトラックバック一覧です: 神と相撲をとる(32~33章):

« ヤコブとラバンの化かし合い(29~31章) | トップページ | ○○○殺人事件(34章) »