« 2015年5月14日 | トップページ | 2015年6月28日 »

2015/05/25

死して有る生き方について

 主イエスは、「わたしの名のために、あなたがたが何か苦しみを受けるならば、あなたがたは幸いである」と言われた。私たちは、王なるキリストのために生きるのだが、それにも増して、彼のために苦しみを受けるとき、あるいは死ぬときにこそ、大いなる幸いを得るのである。というのも、まさにそのことにより、私たちは永遠の命を得るのであり、エックハルトはこの「永遠の命」を「有」という言葉で言い表している。すべてのものは、「無」から創造された。そして、アダムが罪を犯したために、この世界に「罪」が入り込み、その結果「死」がすべてを支配し、その意味ですべては「無」に帰してしまった。そこで、この世界において、どのような努力をしても、どのような創造的な活動をしても、その結果「有」を生じさせたり、「有」に到達することはできない。「永遠の命」への入り口があるとすれば、それはこの世からの出口にこそ存在するのである。エックハルトは語る、「私たちの命は、すべて死すべきものである」、それゆえ、「私たちは、あたかも死んでいるかのようにふるまわなければならない」、そして、「死はつまり彼らにひとつの有を与えるのである」と。
 それでは、私たちの「死」から、どのようにして「有」が生じるのか。むろん、「死」はあくまで「死」であり、それ自体に「命」はなく、そこからは「有」は生じない。もし私たちが自分の「生まれながらの命」の終わりとして「死ぬ」ならば、私たちは永遠に「無」に帰するであろう。そのとき、私たちは依然として「無」のままである。しかし私たちが、この自分の「無」から脱却しようと願うなら、この地上において、その道が備えられているのである。それは、私たちが努力して何かを学び取ることでも、また何かを成し遂げることでもない。むしろ、そのように自分の考えで生きることをやめ、一人の王に従って生きることである。このただ一人の王に従うことなしに、神に仕えることはできない。神は、この王を通じて、命令を下すのであり、彼にだけ御心を示すのである。それゆえ、「有」とは、この王のことであり、私たちがこの王のために自分の人生を捧げるとき、私たちは初めて、自分の生まれつきの「無」から脱却して、この「有」の中に移行するのであり、そこ以外に「有」はない。しかも私たちは、この移行を、私たちがまだ生きているときに行わなければならないのである。
 エックハルトは語る、「魂が身体から離れれば、魂は知性も意思も持つことはない。魂は一なるものであり、そうすれば魂が神へと帰りゆくことを可能にする力を魂は見つけ出すこともできなくなるであろう」と。この世界における私たちの人生のすべては、私たちが人間として、同じく人となったこの一人の王の僕となるためにあるのである。そして、旧約聖書の武勇伝もすべて、私たちがそのことを学ぶために書かれたのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月14日 | トップページ | 2015年6月28日 »