« 2013年8月2日 | トップページ | 2013年8月17日 »

2013/08/05

やっぱり、だめか。

 昨日と一昨日は、中小企業診断士の試験日であった。今回は、本当によく勉強した。あまり頑張りすぎたので、途中で帯状疱疹にもかかって苦しんだ。会社から帰ってきても、ほとんど自由時間のない、まるで受験生のような日々であった。最後の3日は、夏休みをとって一日中勉強した。これ以上は、いかにいっても頑張れないだろう。しかし、試験の結果は惨憺たるものであった。最近は、酷なもので、試験の帰りには、解答速報が配られるし、翌日には、協会から正答と配点が公表されるので、合格発表を待たなくても結果が即座に判明してしまうのである。ああ、なんといやな世の中になったのだろう。
 そういうわけで、自己採点の後は、すっかり意気消沈してしまった。神は、なぜ私を助けてくださらなかったのだろうか。私の選択した道が間違っていたのだろうか。落胆して、詩篇を読み始めた。すると、どうだろう。詩篇の作者が、神に叫んでいる。「主よ。なぜ、あなたは遠く離れてお立ちなのですか。苦しみのときに、なぜ、身を隠されるのですか。(詩篇 10:1)」と。また、あの勇士ダビデが、神に嘆願している。そして、主イエスが十字架で神に嘆願した言葉が、そこに記されている。「わが神、わが神、どうして私をお見捨てになったのですか。」と。
 そうだ、神に従う道は、決して勝利だけではない。そこには、苦難も試練もある。しかし、神のご計画だけが成る。私に対する神のご計画が、私がビジネスマンになることなら、そのようになるに違いない。まだ、その望みが絶たれたのではない。もう一度、最初から頑張ってみようと思う。そして、来年また受験しよう。そのように、気を取り直したのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月2日 | トップページ | 2013年8月17日 »