« 聖霊のバプテスマについて | トップページ | 試験が目前に迫る »

2013/06/27

走ることへのこだわり

Sr400 「走る」ことは、歩くことからの不連続な延長だ。歩きながら足を速めていくと、やがて両足が同時に宙に浮くようになり、競歩などでは反則とされる「走る」という動作になる。しかし、その状態へは、連続して移ることはできない。ある状態を境に、歩くことから走ることへと飛翔するのである。これは、信仰も同じように思う。「信じる」という決意を境に、新しい命へと飛翔するのである。「走ること」には、そのようなロマンがある。それは、「飛翔」なのである。
 そのようにして走るならば、当然に風を受ける、そして、もっと早く走れば、やがて風は壁のように迫ってくる。スロットルをひねると、突然に体が後ろへ置いて行かれるような加速度を受ける。それに耐えるために状態を前に倒し、両足でタンクにしがみつく。ブレーキをかければ、前につんのめりそうになるので、足で踏ん張らなければならない。カーブを曲がるときには、遠心力で外に投げ出されそうになるので、腰を落として車体を内側に倒し込む。雨が降ってくれば、濡れなければならないし、冬になれば、体が寒く、手もかじかむ。それらはみんな、道を走ることの一部であり、どれが欠けても、道を走ることにはならないのだ。しかしあるとき人は、自動車というものを発明した。走ることの安全を追求しつつ。しかし、屋根がついたり、タイヤが4つになったからといって、はたして交通事故が減ったのだろうか。いや、それは返って、走るということの意味を喪失させたのである。そして、走ることから段々と現実的な要素が減って行き、ついに移動するということだけが残された。外界から遮断され、音も十分に聞こえない。移動するリビングのような空間がそこに出来上がった。それは、自分だけのための安全と言えよう。その分、外界からの信号は捕らえ難くなり、誰が考えたのか、足という不器用な器官に、アクセルやブレーキの微妙な操作を行わせることにしてしまったので、それがまた非常なストレスを生むこととなった。
 信仰もそうならないことを願う。社会でキリスト者として生きるときに、まるで屋根つきの4輪車に乗っているような信仰生活だったとしたらどうだろう。雨が降っても濡れず、風にも翻弄されない。太陽の眩しさや熱からも守られ、外の音も十分に聞こえない。その代わりに、お気に入りの音楽をかけ、クーラーを効かせて、シートに寄りかかったままに目的地に到着する。しかし、ちょっとまってくれ、目的地へ着くことと同じくらい、そこへ行く過程も大切じゃあなかったんだろうか。

|

« 聖霊のバプテスマについて | トップページ | 試験が目前に迫る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59973/57679057

この記事へのトラックバック一覧です: 走ることへのこだわり:

« 聖霊のバプテスマについて | トップページ | 試験が目前に迫る »