« なぜという問のない生き方について | トップページ | 母との会話 »

2011/12/05

介護の限界

 母の容態は、日に日に変わり行く。良い方向ではなく、その反対に。今日は、会社の帰りに病院へ直行した。病室へ急ぐと、ベッドはもぬけの殻であった。まだ7時だったので、食堂へ行ってみると、果たしてそこに座っていた。夕飯の膳を前に、ほんの少し箸をつけただけのようだった。私の顔を見るなり、びっくりしたように、「今日は大変だった」と言った。「なにが大変だったの」と聞くと、この病院がつぶれそうだと言う。「どうして?」と聞くと、病室を何度も変えられるので、この病院、大丈夫か心配になったと言う。それからさらに話を聞いてみると、何度も同じ夢を見ていやだとも言う。「どんな夢?」と聞くと、「1階へ行ったり、2階へ行ったり。それから、病室に移ったり。みんな一人づついなくなったり。」へんなことを言うなあと思って話を聞いていた。そのうち、ナースステーションで記帳している私に、作業療法師が話しかけた。今日は、母を気分転換に1階へ連れて行って、リハビリをしたということであった。私は、「ははあ、母は、介護の人たちの良かれと思ってしてくれることに、心が着いていけないのだな」と思った。考えてみれば、寝ていたのをいきなり起こされて、車椅子に乗せられて、2階から1階へ降ろされたのでは、寝ぼけて頭が混乱しても不思議ではない。なにしろ母は病人なのだから。それに日に何本もの点滴を打っているし、酸素も常時吸っている状態なのだから。それにしても、介護の人は、もっとゆっくり母の話を親身になって聞いてくれれば良いのにと思った。でも、彼らにしても、たくさんのご老人を相手にしており、心に余裕がないのだろう。だからと言って、母を自宅に連れ帰っても、酸素も供給できないし、医学的な知識もないし、どうしようもないのだ。仕方なく、ワーカや看護士の方々にお礼を言ってから母の病室にもういちど行った。母の手をにぎりながら、目を閉じさせて、静かに歌を歌ってあげながら、しばらくそばにいたら、最初おちつきがなかった母も次第にあくびをして、静かに寝入ってしまった。もう夕飯の時間になろうとしていたので、静かに母の手を放し、病室を出て、家に向かった。

|

« なぜという問のない生き方について | トップページ | 母との会話 »

コメント

公三様
コメントありがとうございました。こんな状況の自分を見つめるためにも、書いてみようと思いました。これからどうなるか分かりませんが、とにかく逃げないで前に進みたいと思います。

投稿: ブログの作者 | 2011/12/07 00:20

失礼しました。
勘太郎は以前、別のところで使ってた名前です。まったく、申し訳ないです。

投稿: 公三 | 2011/12/06 23:51

お久しぶりです。
お母さんの看病、お疲れ様です。私はすでに両親は他界しました。父の時は母が看病し、母の時は自分が看病しました。実際に逝ってしまうと、もっとしっかり看病していたら…と長い間、悔やみました。だから、お母さんのためにも、ブログ主さん自身のためにも…なんと言ったらいいのか判らないのですが…お二人が常に平安でいられるようにと思います。

投稿: 勘太郎 | 2011/12/06 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 介護の限界:

« なぜという問のない生き方について | トップページ | 母との会話 »