« 神の根底にまで究めゆく力について | トップページ | 純然たる無である被造物について »

2011/12/27

母の命

 今日、仕事を終えて病院へ直行すると、母はめずらしく目を開いていた。私を認めても、「ああ。。」と言った感じで、それほど驚きもしなかったが、私が手を握ると、いつもと違い、かすかに握り返してきたように感じた。そして、少し大きな声で、何かを語った。「家に帰りたい」と言ったように思った。そして、「手を引いてくれるかい」と聞こえた。でも、すぐに「やっぱり、いいよ」と言ったように聞こえた。母は、酸素を継続的に吸っている状態なので、私は、苦笑いするだけであった。そのとき、初めて、神への怒りのようなものを感じた。人はなぜ皆、死ななければならないのか。そして、なぜ母が日に日に衰弱の一途をたどっているのか。
 病院からの帰り道で考えた、「でも、みんな最後には死ぬのだ」と。そして、それこそが「死」の本質なのだと。しかし、それで終わりではないのだと。でも、母は、確実に天国へ行けるのだろうか。年老いてから信仰に入ったため、聖書の言葉もほとんど知らない母が。でも、母は主イエスを救い主と告白し、洗礼を受けている。そこで、聖書によれば、天国へ行くことになっているのである。それを疑ってはいけないと改めて思った。そうしたら、元気なころの母の面影が心に帰ってきた。天国へ行くのに、高尚な知識や学問は無用だと思う。本当に、本当に、主イエスを救い主と受け入れること、それを公に言い表すことがすべてなのに違いない。

|

« 神の根底にまで究めゆく力について | トップページ | 純然たる無である被造物について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母の命:

« 神の根底にまで究めゆく力について | トップページ | 純然たる無である被造物について »