« 純然たる無である被造物について | トップページ | ちょっとしたことがうれしい »

2011/12/29

それぞれの親切

 母は病院で、「ここの人はみんな親切だよ。本当に良かった」と言っていた。昨日、病室に行き、母が水を飲みたいと言ったので、そこにあった吸い飲みで2口ほど飲ませた。あとでそのことをそこに来た看護士に知らせたら、それは危険なことだと言った。今の母は、水でさえ喉に詰まらせてしまう危険があるという。しかし、例のコミュニケーションノートには、今日は水を2口飲んだとか、お粥を2口食べたとか書かれていた。また、栄養士は私に電話で、何でも好きなものを好きなときに食べさせて良いと言っていた。それから母の寝かせ方や、ベッドの倒し方、足のさすり方等々、人によってみんな言うことが違うようだ。たぶん、みんなそれぞれに根拠があってやっているのだろう。だから、みな正しいのだと思う。それぞれが、自分の信念を持って母の介護をしていてくれるようなので、私も何も言わず、それぞれのときにそれぞれの方法で対処して行くしかない。母の容態も刻一刻と変わって行くようだし。昨夜は、病室に泊まったが、寝ている母に、「心配しなくていいよ。イエス様がいつもそばにいてくれるから。おばあちゃんを守ってくれるのは、イエス様だからね。それを忘れないでね」と諭した。それから、神様に母のことをお願いした。神様は神様の方法で、母のことを守り導いてくださるに違いない。それぞれにそれぞれの方法で母に尽くしているようだが、やっぱり神様の方法が一番頼りになり、平安があるのだと思った。

|

« 純然たる無である被造物について | トップページ | ちょっとしたことがうれしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それぞれの親切:

« 純然たる無である被造物について | トップページ | ちょっとしたことがうれしい »