« 味わうべきものは、味わわせて欲しい。お願いだから。 | トップページ | 象徴的で豊かな表現が返って下品になっていないか »

2011/10/13

教訓、訓戒としての箴言を尊重して欲しい

箴言には、1節が2つの短文から成り立っているものが多いように思う。それは、「こうならば」、「こうだ」とか、「こうすれば」、「こうなる」という教訓を語っているのだと思う。しかし、新改訳聖書を読む限り、そのような教訓として訴えかけてくるものが少ない。だから、読む人に影響力が少なく、箴言の価値が著しく低下しているように思えるのだ。

●「AはB」と言うのと「BはA」と言うのとは、AとBが同値であるとき以外は、意味がまるで異なるものとなる。
箴言 20:27
【新改訳】
 人間の息は主のともしび、腹の底まで探り出す。
【新共同訳】
 主の灯は人間の吸い込む息。腹の隅々まで探る。

●1つの節に入れられている2つの文の間の関係は、やっぱり気にして欲しい。そうでなければ、読む人に、その節の言おうとしていることが伝わらないと思う。
箴言 24:7
【新改訳】
 愚か者には知恵はさんごのようだ。彼は門のところで、口を開くことができない
【新共同訳】
 無知な者に知恵は高尚すぎる。城門で口を開くべきではない。

●「小羊」と聞いたら、「主イエス」だと思ってしまうかもしれない。
箴言 27:26
【新改訳】
 小羊はあなたに着物を着させ、やぎは畑の代価となる。
【新共同訳】
 羊はあなたの着物となり、雄山羊は畑の代価となる。

●「その名」は、「主」で、「その子の名」は、今では有名な「主イエス・キリスト」であっても、この時代の人に、「あなたは確かに知っている」と言うべきではないだろう。
箴言 30:4
【新改訳】
 だれが天に上り、また降りて来ただろうか。だれが風をたなごころに集めただろうか。だれが水を衣のうちに包んだだろうか。だれが地のすべての限界を堅く定めただろうか。その名は何か、その子の名は何か。あなたは確かに知っている
【新共同訳】
 天に昇り、また降った者は誰か。その手の内に風を集め、その衣に水を包むものは誰か。地の果てを定めたものは誰か。その名は何というのか。その子の名は何というのか。あなたは知っているのか。

|

« 味わうべきものは、味わわせて欲しい。お願いだから。 | トップページ | 象徴的で豊かな表現が返って下品になっていないか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59973/52984538

この記事へのトラックバック一覧です: 教訓、訓戒としての箴言を尊重して欲しい:

« 味わうべきものは、味わわせて欲しい。お願いだから。 | トップページ | 象徴的で豊かな表現が返って下品になっていないか »