« 新改訳聖書のどこが気に入らないのか | トップページ | 観想的生と活動的生とについて »

2011/10/19

像を介さぬ認識について

 この説教の最初の10行には、実に驚くべきことが書かれている。ここには、これまでの私たちの認識を新たにすべき重要なことがいくつも書かれているのである。まずエックハルトは、「あなたがたは、精神とも心とも呼ばれるあなたがたの霊において新たにされなければならない」と語る。精神と心、すなわち知性は霊だと彼は言うのである。彼によれば、魂から知性が発出する。そして霊とは、魂が「ここ」とか「今」というすべての自然的なものを脱した状態のことなのである。つまり魂は、この世界を生きながら、知性や感性を含む諸々の力を発達させながら、成熟した霊へと成長して行くのである。しかし、彼が別の説教の中で言っている「魂が身体から離れれば、魂は知性も意志も持つことはない」という言葉も無視することはできない。これらから受け取られることは、霊としての魂の成長は、この世界から離脱する方向性にあり、空間と時間を超える方向性だということである。つまり、知性も意志も魂自身ではなくその持っている力に過ぎない。魂は、五感を含めて多くの力を持っているのだが、その多くは肉体と共に衰退し、ついに死に行く。ただ認識と意志という2つの魂の力だけは例外で、これらだけが魂にとどまるとエックハルトは言う。つまり、知性の内においてもその多くの要素は、肉体と共に滅んでしまうというのである。それはたぶん、肉体の死により、魂には空間や時間と関わりを持つ手だてがなくなり、その結果、思考や戦略というような実践的な力が意味を持たないものとなってしまうからであろう。これは恐るべきことであり、私たちは、やがて自分にもそのような時が訪れることを念頭に置いてこの世界を生きる必要があるのである。
 そこでエックハルトがこの説教で提唱するのは、魂の諸々の力を空間と時間を超越する方向で組織化することである。まず、魂の下位の力から、一つ目は、区別する能力「悟性」であるが、これには「照明」という金の指輪をはめなくてばならない。「あなたの区別する力が常に、時間を超えて、神的な光によって照らされているように」とエックハルトは言うが、要するに、自分の努力であれこれつかもうとするのではなく、神的真理として啓示される物事の本質を霊的な知覚によって捉えよということである。魂の下位の力の二つ目は、「憤り」つまり怒りであるが、これにあなたは「平安」という指輪をはめなくてはならない。あなたの義憤が神の永遠の真理と完成された義によって報われるためである。三つ目は「欲求」すなわち欲望である。これには「満ち足り」という指輪をはめなくてはならない。それは、あなたが欲求を超越し、キリストにあって、時空を超えてすべてをすでに持っていることを知るためである。魂の上位の力にもあなたは同様に金の指輪をはめなければならない。第一は、「保持能力」すなわち記憶で、これにあなたは「保有」という指輪をはめる。あなたが苦労して集めた真理がキリストにあってすでにあなたの保有となっていることをあなたが知るために。第二の力は、「理性」、すなわち知性である。これにあなたは、「認識」という指輪をはめるべきである。あなたが神をいつでも認識するように。しかしそれは、空間と時間を超えた、媒介を経ない直接的な認識である。第三の力は「意志」であり、これにあなたは「愛」という金の指輪をはめなければならない。しかしこの愛は、理由や目的のない愛である。「あなたは神を非精神的な仕方で愛さなくてはならない」とエックハルトは言う。それが愛において空間と時間を超えるということなのである。そしてそのとき、「あなたは神を、ひとつの非神として、ひとの非精神として、ひとつの非位格として、ひとつの非像として、さらに、一切の二元性から切り離されたひとつの純粋で透明で澄みきった一なるものとして愛する」ことになる。この愛は、いったいどこへ向かおうとするのか。「あなたの魂が非精神的になり、一切の精神性を脱ぎ捨てるほどに非精神的な仕方で愛さなくてはならない」とエックハルトは語る。そのようにこの愛を極めるということは、自分という存在を極限まで捨て去ることを意味する。しかし、自分を捨て去るのは他でもない自分なのである。これは、何という矛盾であろうか。その人は、果たして完全に自分を捨て去ってしまうことが可能なのか。そもそも、自分という存在がなくなれば、また捨て去るということもできなくなる。そこで、この愛の行為としての喪失は、自分という存在がなくなるまで、つまり永遠に漸進的に続くことになる。「永遠に続くものは、信仰と希望と愛」と書かれている通りである。そしてそれは、永遠の中で一つの一貫した存在性を獲得しており、それ自身が永遠なる存在なのである。私たちは、消滅するのではない。限りなく自分を喪失しながら、神の前に永遠に存在し続けるのであり、それが私たちにとっての、最善で最高のあり方なのである。
 エックハルトは語る、「そして、この一なるもののうちで、わたしたちは有から無へと永遠に沈みゆかなければならないのである。そうなるように、神がわたしたちを助けてくださるように。アーメン」。

|

« 新改訳聖書のどこが気に入らないのか | トップページ | 観想的生と活動的生とについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59973/53034867

この記事へのトラックバック一覧です: 像を介さぬ認識について:

« 新改訳聖書のどこが気に入らないのか | トップページ | 観想的生と活動的生とについて »