« 2011年1月10日 | トップページ | 2011年1月18日 »

2011/01/15

KJV翻訳の意図

 どうも比較的最近の翻訳聖書は、あまり良くないらしい。一説によると、アレキサンドリア写本の底本というものから訳されており、これにはイエス・キリストの神性に関わる多くの言葉が削除されているという。福音諸派で多用されている新改訳聖書もロックマン財団の資金援助を受けて、この写本を使い、その指導の下に翻訳されたらしい。それゆえ、後になってロックマン財団が新改訳聖書の版権を主張し、日本から多額の和解金を受け取ったという。
 詮索は、これくらいにしておくが、そのような中、キング・ジェームス訳は、信頼できる原典を用い、今日に至ってもその価値にゆるぎないものがあると言われている。そこで、このキング・ジェームス訳を詳細に読んでみたくなった。そして、どうせなら、ただ読むだけでなく、日本語に訳してみたらどんなものだろうと思った。たしかに、私のような知識のない者が訳して、神聖なる神の言葉に、何か付け加えたり、削除したりしてしまうことになるのは危険でもあるが、それをもって新しい聖書を出版しようということでもない。聖書を良く理解するために、自分の国の言葉で表現してみようという、つまり研究という位置づけであるなら、それもあるいは許されるのではないかと考えた。
 そこで、この翻訳を読まれ、間違えに気づかれた方からは、速やかにコメントをいただき、間違えを正していただければ、非常にありがたいし、そのことをきっかけに、自分も少しは生長できるのではないかと思う次第である。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2011年1月10日 | トップページ | 2011年1月18日 »