« 2010年12月25日 | トップページ | 2011年1月3日 »

2010/12/30

権能の授与

第10章
 12弟子は、主イエスから、汚れた霊に対する権能を授けられた。彼らは、それを買ったのでも学んだのでもなく、授かったのであった。しかし、彼らのような凡人がそのような賜物を受けるということがいったい何を意味するのか、たぶん彼らは十分に理解していなかったであろう。主イエスは、言われた、「わたしがあなた方を遣わすのは、狼の中に羊を送るようなものである」と。彼らは、このことにより、悪魔の敵となったのであり、悪魔から特別にマークされる者となったのである。「あなたがたは、地方法院に引き渡され、会堂で鞭打たれる」。権能を与えられた彼らが何故にそのような苦しみに遭わなければならないのか。その答えは、主イエスの十字架であり、彼らはその師以上の者ではないのである。つまり、失われた者たちの救いのために、彼らが苦しみに遭い、ときには命までも失い、そのようにして、彼らがキリストの苦しみの一端を担うということを天の神が必要とされるのである。それは、救いが有無を言わさぬ強制ではなく、本人の同意を伴うものであることにもよるのである。
 しかし、それにも増して、彼らが常に思い起こすべきことがある。それはすなわち、彼らが悪魔に打ち勝つ権能を授けられているということである。だから、彼らが命じるとき、悪の力は後退せざるを得ない。彼らは、世に勝つものである。そして、彼らは、自分が何をすべきかを知っている。聖霊が彼らにそれを教えるのである。彼らは、新しい者たちである。彼らのような者は、これまで存在しなかった。不完全でありながら、悪魔に打ち勝つ力を持つ者。自分がどういう者かについて、完全な知識を与えられているわけではないが、それでも天の神が、必要に応じてそれを彼らに示し、彼らを通じて大いなる働きをなさることのできる者たち。主イエスは、そのような者たちを創造されたのであった。
 ああしかし、そのことが可能となるためには、彼らが完全に神に従う必要がある。神に完全に従うとは、自分で判断することをいっさいやめ、聖霊の導きに従うことである。それは、新しい形態の信仰である。かつては、神を信じて勇敢に行動することが信仰であった。しかし今は、神の導き以外に歩まないことが信仰である。そして、ひとたび導きを受けたなら、勇士のようにその示されたことを行うのである。そのためには、自分を捨てる必要がある。まるで生ける屍のように。虫けらででもあるかのように。主イエスの十字架がそれを可能とするのであり、彼の死に様が、私たちの模範なのである。そして、そのことによる無限の可能性を主イエスの復活が与えるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月25日 | トップページ | 2011年1月3日 »