« 三つの内なる貧しさについて | トップページ | 無である神について »

2010/02/20

アデリータ

アデリータとは、女性の名前だろうか。しかしこの曲には、何か神秘的な響きがある。最初のテーマは、3番目の音にアクセントがある。そしてまた次の3番目、さらに次の3番目、そして、テーマの繰り返しでは、今度はアクセントは、1番目の音に移る。これは、きっとなにか深い神秘を現わしているように思える。展開部では、それと打って変わってなんという慰めのメロディーが流れるのだろう。そしてまた再び、現実に引き戻される。現実の神秘に。


|

« 三つの内なる貧しさについて | トップページ | 無である神について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59973/47618531

この記事へのトラックバック一覧です: アデリータ:

« 三つの内なる貧しさについて | トップページ | 無である神について »