« 2009年10月23日 | トップページ | 2009年11月1日 »

2009/10/31

山ぐるみ、再び

Kurumi 先日、父が眠っている富士霊園の教会墓地に行った帰りに、談合坂ドライブインに寄った。また、いつか買ったあの山ぐるみが売ってないかな、と思って見ていたら、最後の一袋が売れ残っていたので、うれしくなって買ってしまった。あのときとまったく同じ包装で売られていたのも懐かしかった。家に帰ってからは、しばらくそのままにしておいたが、最近少し寒くなってきて、ストーブが昨年から出しっぱなしで、石油も入れっぱなしになっていたため、燃してみたときに一粒ストーブの上に置いてみたら、やっぱりパカッ!とひびが入って、うまく割れたので食べてみたら、普通のくるみよりも濃い味がして、ストーブであぶった香ばしい香りがした。やっぱり山ぐるみ、これだよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

羽の草

Feather たとえば、私が野で一本の羽のような草を見るときに、私は太陽の光の反射によって、その草を間接的に知覚しているのであり、その草を直接に見ているわけではない。つまり、私はその草よりもむしろ太陽の光を見ているのである。だから、「観る」とは、「光を観る」ということであり、したがって、光が異なれば、見ているものも異なるのである。だから、この一枚は、かけがえのない、羽の草と太陽の光の綜合なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月23日 | トップページ | 2009年11月1日 »