« 2009年7月2日 | トップページ | 2009年7月7日 »

2009/07/03

神に仕える日々

神の根底にまで究めゆく力について
 人はどのようにして、その生涯を神に喜ばれる日々とすることができるのだろうか。自分の生きている意味を知ることができればそれも可能だろう。そのようにして、「義とは何か」を知ることができたなら。しかしエックハルトによれば、「義とは、真理における一切の事物の原因のこと」なのである。そして、それを知ることできるためには、すなわち賢くなるためには、人はすべての事物を抜け出て、一切の事物とその原因とを超え出て行く必要があるとエックハルトは言うのである。
 しかしそのようにして、すべてを超越しようとする者は、いったいどこに向って走っているのか。というのも、エックハルトによれば、「神は神の全神性をたずさえて魂の根底にいる」というのだからである。そこで彼に必要なことは、エックハルトの言うように、外へと向かう超越方法ではなく、むしろ自分の内へと向かうものすなわち、「造られた一切の事物から自由となり、真理の真なる鍵をかけて、自分自身の内にしっかりと閉じ籠ること」なのである。そして、その彼自身の魂の最内奥において、彼は一つの決定的な出来事が起こるのを期待しているのである。それは、父がその独り子を「現なる今」において生み、そしてそのことにより彼の魂も神の内で再び生まれることなのである。
 この領域においては、時間という概念はもはや一般的な意味をもたない。もともと神にあっては、1日とか1年とかの期間は、私たちが考えるような意味を持ってはいない。神にあっては、一日は千年のようであり、また千年は一日のようなものだからである。つまり、この領域においては、人と神との関係こそがすべてなのであり、その意味でそこには、「魂の日」と「神の日」以外には時間的に意味のあるものは存在しない。そしてこの2つの日、すなわち「魂の日」と「神の日」は、「現なる今」において出会うのであり、この「現なる今」において、神は御言葉により全宇宙を再創造するのであり、そのようにして、万物の意味は保たれ、天は運航し、歴史は展開しているのである。というのも万物は、御子により、ただ御子のために創造されたのだから。
 御子によりもう一度新しく生まれた彼の魂は、まさにこの日の内に生き続けるのであり、そこで彼は、神の独り子とひとつになって、その独り子のように生きるのである。そのとき彼の日々は、ことごとく神の御旨に適うものとなる。そして彼は、御子にあって、時間と空間を超えて一切の事物を認識する。そのとき彼は、神から義なる者と認められ、箴言にあるように「知恵があなたの心を訪れ、知識が魂の喜び」となる。
 エックハルトは祈る、「わたしたちが自分を、知性の日と時とにおいて、知恵の日において、義の日において、そして淨福の日において、内面に見出すよう、父と子と聖霊が助けてくださるように。アーメン。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真のエルサレム

ネヘミヤ記 第11章
 イスラエルの民たちは、かつてそれぞれに、自分の町々に斯業の土地を与えられていたので、捕囚の地から帰還した後は、その自分たちの場所に住んだ。しかし、ネヘミヤたちにより復興された聖なる都エルサレムには、民の十分の一が自分たちの土地から移り住むことになった。しかしこの街にかつて住んでいたのは、どのような人々だったのか。それは、例えばダビデの時代には、彼の側近や高官、貴族たち、そして名高い勇士たちであった。それがこの捕囚後の都再建においては、民はくじを引き、「勇士」ではなく「有志」がこの聖なる都に住んだのである。これは何と象徴的なことであろうか。神は、城壁の中のに住み、神殿を守り、常に喜んで神を礼拝しようとする者たちを喜ばれたのであり、「民は(も)、進んでエルサレムに住むすべての人々を祝福した」(ネヘミヤ11:2)のであった。そして、この聖なる都エルサレムには、王がいなかった。神殿にその御名を置かれる神ご自身が彼らの王なのである。
 それにしても、これらのことはどのようにして生起したのか。それは、バビロン捕囚による王制の崩壊からペルシャ王クロスによる神殿再建命令まで、すべて全能の神ご自身の御計画と実施によるのである。かつてアブラハムを通して選び分かたれたイスラエルの民がエジプトの支配下で奴隷として殖え広がったのは、遊牧民であった彼らが一つの民族を形成するために必要なことであった。そうでなければ彼らは、一つの民族にまとまることはできなかった。そして、そのイスラエル民族が聖なる民とされるためには、神に選ばれた人モーセによって、その奴隷生活から導き出され、荒野で神から直接訓練を受ける必要があった。そして、彼らに真の王イエス・キリストが与えられるためには、まず彼らがサウルを始めとする歴代の諸王の下で王に従うことを学ばなければならなかった。そして、彼らの心が天地を作られた真の神を礼拝する神殿となるためには、まずダビデにより賛美の幕屋が張られ、それがソロモンによって壮大な神殿として完成され、それがバビロン捕囚によりひとたび破壊された後に、エゼキエルに新しい神殿の幻が与えられ、エズラにより神殿が再建され、ネヘミヤにより町と城壁が再建されなければならなかった。そしてついに、主イエス・キリストが天から来られ、神殿から商人たちを追い出し、ご自身の心の神殿で神を礼拝し、ご自身を生ける聖なる供え物として神に献げられた。そして、最後にキリストの復活から50日目に聖霊が天から教会に下ったのであり、これらすべては、人の計画や努力ではなく、すべて神の超自然的な介入によったのである。
 そのような意味でこの都は、かつての王制時代と比べて、人間的には見る影もないかもしれないが、実は着実に完成に近付いているのである。そこには王もおらず、人間的には力もなく、自主防衛組織により運営され、一見確固たる基盤を持たないように見えるのだが、それは天的には、それだけ完成に近付いているのである。というのは、すべての完成は、ヨハネの黙示録に啓示されている、小羊の花嫁としての聖なる都エルサレムだからである。そこには実に神殿さえもない。「全能者である神、主と小羊とが都の神殿だからである」(ヨハネの黙示録21:22)
 私たちは、これらのことを良く心に留める必要がある。私たちの人生は、どこに向かっており、私たちは今どこにいるのかということを。今の生活がそれほど裕福なものでなくても、またときには毎日のやりくりに苦慮するような状況にあっても、さらに社会における地位も低く、返って名もない者と見なされ、このネヘミヤ記にあるように、周りの民族から蔑まれ、ただ自分たちの中だけで独善的に神を礼拝しているようなことがあったとしても、それは、後退なのではなく、むしろ前進なのである。もし、そのようなあなたの心の内に、エゼキエルが描き啓示した聖なる神殿が建てられつつあるのなら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月2日 | トップページ | 2009年7月7日 »