« 2008年12月31日 | トップページ | 2009年1月3日 »

2009/01/01

お菓子の家

Cookiehouse お菓子の家と言えば、子供にとっての最高の夢である。家がお菓子だったら、なんて素敵だろう。だって、食べられるんだから。でも、食べてしまったら、家がなくなっちゃう、なんてことまでは考えつかない。子供にとっては、お菓子はお菓子、家は家、それは別々に素敵なものであり、その合体したものは、当然に素敵なものなのである。しかし、いつしか大人は、素敵なものを互いに合体させることにより、醜いものを作り出すようになる。例えば、・・・・。なんて、やぼなことは言いっこなし。いま、私の目の前には、その素敵なものがあるんだから。これは、長女がきょう作ったお菓子の家なのだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年12月31日 | トップページ | 2009年1月3日 »