« 2008年7月1日 | トップページ | 2008年7月3日 »

2008/07/02

交わりは、理想ではなく、神的な現実である

 人はとかく、人間関係に理想を求めるものだ。そしてときには、そのような理想のうち、社会では通常、実現が困難なことを、信徒の交わりの中に求めることがあるかもしれない。またときには、自分が培ってきた信仰が描く理想像を教会の中に実現しようと思うかもしれない。しかしボンヘッファーは、交わりには本来、理想像などはなく、それは実は、神的な現実なのだと言う。その意味は、それが追求したり、創り出したりするものではなく、すでにそこにあるものを再認識すべきものだという意味である。それゆえ、どのように高尚な交わりの形であっても、それが人の心の産物であるかぎり、遅かれ早かれ、神がそれを幻滅によって打ち砕かれることになると彼は言う。なぜなら、それは幻影に過ぎないからである。そして、その幻滅は、交わりに投影され、ときには不幸にも、兄弟姉妹に投影されて、そこに分裂を生み、悲しい痕跡を残すことにもなる。そして、そうなったときに初めて、自分がなにか理想的な交わりを作り上げようとしていたことに気付き、つまり原因は、兄弟姉妹や教会の性質などにではなく、当の自分の心にあったことに気付き、その結果、神の前にへりくだることにより、キリストにおける罪の赦しがそこに働き、そのようにして、彼ボンヘッファーが言うように、「夢想を作り出す者の朝靄が消えてなくなるところ、そこにキリスト者の交わりの明るい朝が明ける」ということが起こり得るのである。
 しかし、これらのことは、決して無駄なことではない。というのは、上述のように、交わりの祝福は、それまでに無かった何か新しい作られた要素なのではなく、それは賜物であり、すでにあるものを再認識するところにあるからである。そして、そのことが真に理解されたとき、そこにキリストの無尽蔵の恵みが音を立てて流れ込んでくる。ああ、それは何という麗しい訪れ、芳しい香りであろうか。そのとき、すべてがあるべき姿に戻り、栄光が神に帰されるのである。そして、私たちは知ることになる。キリストが私たちの交わりの中におられ、教会が、すなわち私たちがキリストの御体であることを。そして、その祝福を保ち続けることは、難しいことではない。それは、お互いの間の感謝によって、またそれらの総合としての神への感謝によって、私たちはますます神の恵みの深さ、広さ、高さを認識することになるからである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月1日 | トップページ | 2008年7月3日 »