« 復活のキリストを仰ぎ見る | トップページ | エアープラント »

2008/04/30

聖別

 「狐には穴があり、空の鳥には巣がある。しかし、人の子には枕するところもない」とキリストは言われた。これがキリストの僕の身分である。キリストご自身が、そのような状況に身を置いておられたのである。しかし、使徒パウロが言ったように、そのような状態の中にあっても、私たちは、人に十分与えることができるほど富んでいることが可能なのである。もし私たちが、自らキリストの僕の状態に身を置くならば、野原で5000人を養うことさえ可能なのである。なぜなら、それを行われるキリストが私たちと共におられるのだからである。
 しかし、それが空しい言葉とならず、現実となるために、私たちは次のことを知らなければならない。すなわち、それは、私たちがキリストの僕である場合にのみ私たちに起こるということである。あなたがキリストの救いを信じて神に帰依したとき、あなたには救いの喜びが湧き起こる。それは、正に天の喜びであり、かけがえのないものである。しかしその後さらに、もしあなたがキリストの僕となることをも意志するなら、聖書に書かれている勝利があなたのものとなるのである。それは、あなたがキリストのものになったからであり、キリストは、ご自身の僕を信頼され、彼にご自身を現されるのである。
 キリストにおける恵みは、信仰者に対して絶妙なバランスで働く。それは、救う側と救われる側のバランスである。キリストの救いを受けるためには、私たちは完全にキリストの足元にひざまずくことが必要である。そして、そのような者に救いは無償で与えられる。もし彼が両手をキリストに向けて差し伸べればである。この救う側と救われる側は、この救いの御業の中で、共にその尊厳を失うことなく融合している。救う者は、僕の形を取りながら、大能の君と呼ばれる。救われる者は、罪人とされながらも「あなたは高価で尊い」と呼ばれる。この救う側と救われる側は、共に神の御姿に創造された神の種族なのである。キリストとその僕の関係もまたそうである。キリストは復活され、力ある神の御子と定められた。そしてその前にひれ伏す者たちも、キリストと共なる勝利者と呼ばれ、キリストは彼らを友と呼ばれるのである。
 あなたが今日、キリストの僕となることを決意し、キリストの足元にひざまずくならば、あなたの内にキリストの栄光の御姿が啓示される。キリストがご自身をあなたに現されるのである。そして、そのとき同時にキリストの権威があなたに与えられる。そのときから、悪霊はあなたの名前を知るようになる。そして、彼らはあなたの命令に聞き従う。あなたがキリストの僕だからである。「キリストの僕」それは、何と言う栄光の姿だろうか。旧約聖書のサムエル記を読んでみたまえ。そこにダビデの勇士たちの雄々しい姿が記されている。キリストの僕であるあなたは、一本の槍で、何千、何万という敵を打ち倒す者になるのである。

|

« 復活のキリストを仰ぎ見る | トップページ | エアープラント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59973/41045285

この記事へのトラックバック一覧です: 聖別:

« 復活のキリストを仰ぎ見る | トップページ | エアープラント »