« 2008年2月15日 | トップページ | 2008年2月18日 »

2008/02/16

神殿建築のための寄贈

歴代誌上 第29章

 ダビデは、全会衆を前にして、これから始まろうとしている神殿建築の意味とそのために自分がしてきた準備を述べた。そしてその後で、彼は言った、「更にわたしは、わたしの神の神殿に対するあつい思いのゆえに、わたし個人の財産である金銀を、聖所のために準備したこれらすべてに加えて、わたしの神の神殿のために寄贈する」と。彼はさらに民に言った、「今日、自ら進んで手を満たし、主に差し出す者はいないか。」すると、家系の長たち、イスラエル諸部族の部族長たち、千人隊長と百人隊の長たち、それに王の執務に携わる高官たちは、ダビデが捧げた以上に自ら進んで主の神殿の宝物庫に寄贈した。
 まことにダビデとイスラエルの高官たちが行った寄贈は、神の前で、ダビデがそれまでに準備したすべてに優っていた。それは、彼らが自ら進んで、喜ばしい心でそれを行ったからである。しかしダビデは、祈りの中で言った、「このような寄進ができるとしても、わたしなど果たして何者でしょう、わたしの民など何者でしょう」と。ダビデは、この祈りで、自分と彼らが差し出した麗しい捧げ物を神の前に、無に等しいものとしたのである。ここにおいて、ダビデの神殿は完成した。神殿の建物は、まだ誰の目にも見えなかったが、霊的には、それはすでに完成したのである。ダビデは、彼が行うことのできる、本当にすべてを神の前で、真実な心で行い通した。まことに何者も、神の前にこれ以上のことを行うことはできない。人が自らの意思で行うことのできる最高のものとは、神への麗しい捧げものと、その捧げものを空しくすること、すなわち、忘れ去ることである。そして、それが霊的な礼拝の究極なものである。
 しかし、彼がそれを超えて、神の前に受け入れられる何ものかを実現したいとしても、彼は自らの意思では、それを行うことができない。それを行うためには、神の霊の導きが必要なのである。ソロモンの心に与えられた神の知恵、それがそれを実現可能としていた。そして、今日では、イエス・キリストが与えてくださる聖霊のバプテスマが私たちにそれを実現可能とするのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月15日 | トップページ | 2008年2月18日 »