« 2007年11月7日 | トップページ | 2007年11月12日 »

2007/11/09

回復の予知

ヨブ記 第42章

 ヨブは、神との格闘に破れた。神は、ヨブに勝ちを譲ることはされなかった。ヨブは、神に申し上げた、「あなたは全能であり、御旨の成就を妨げることはできないと悟りました」。ヨブは、あるいは神の方が折れてくださり、自分の受けた故のない苦しみに免じて、自分に勝ちを譲ってくれるかもしれないというかすかな希望を持っていたのだと思う。というのは、何と言っても、今回、神から自分にもたらされた苦難は、故のないものであり、神の側に非があることは明らかであったから。もし神が、自分の叫びに応えてさえくれれば、これまでの自分と神との関係からして、ヨブには神に思い直していただくことができるのではないかと思えたのだろう。
 しかし神は、ヨブに対して、一貫して自分は創造者であるという、一種よそよそしい態度で対応されたのであった。これは、ヨブにとっては落胆するに十分値することだったに違いない。しかし、ヨブは落胆しなかった。彼はまずもって、神が自分の叫びに応えて下さったことに感謝と感動を覚えたのだった。しかしそれでも、ヨブの状況は何も変わっていないということも動かぬ事実であった。神は、その持ち前の凄みを効かせてヨブを叱りつけられただけであった。しかしヨブは、その叱責の中に慰めと希望をさえ受け取ることができた。これはすでに、ヨブと神との個人的な関係の中で起こっていることであり、そこには私たちの入り込む余地はない。ヨブがこれらのことの結果、いかにして絶望せずにいられたのかということは、まったくの謎とも言えよう。
 しかし結果は、ヨブの心が信仰を持って、いや信仰以上のなにものかを持って予知したかのごとくに、神はヨブの財産を元の倍に、そう、天国にいる彼の息子、娘たちを含めれば、すべてを2倍にされたのであった。そしてそればかりか、神はそのことにより、ヨブの傷ついた心をも完全に癒されたのである。これについては、別の記事で書いたので、そちらを参照されたい。
 それにしても、ヨブ記は、何と感動的なできごとの記録だろうか。これはまったく、本当に起こったこととしか思えない。事実なくして、この物語は記述し得ないだろう。それは、作り出すには、あまりにも非現実的であり、非現実的であるためには、あまりにも赤裸々なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月7日 | トップページ | 2007年11月12日 »