« 2007年9月4日 | トップページ | 2007年9月6日 »

2007/09/05

信仰の脅威

列王記下 第18章

 神に背き、悪の限りを行うアハズ王の治世は長く続かなかった。神が彼をたしなめるために、アラムとイスラエルの軍隊を差し向けられると、彼はアッシリアの王に取り入り、その地の神を導入した。しかしやがてイスラエルは、このアッシリアに攻められて陥落してしまうのである。アハズ王の後にユダの王となったヒゼキヤは、即位6年目にこのサマリア陥落に遭遇した。しかし、父祖ダビデのように神の目にかなう正しいことを行っていた彼は、イスラエルの神、主に依り頼み、アッシリアの王に服従しなかった。
 しかし、ヒゼキヤの治世第14年に、アッシリアの王センナケリブが攻め上り、ユダの砦の町をことごとく占領すると、さすがのヒゼキヤも観念して彼らに従うことを表明し、神殿と王宮の宝物庫にあったすべての銀とヒゼキヤ自身が金で覆った主の神殿の扉と柱を切り取り、アッシリアの王に送った。
 するとアッシリアの王は、ユダを一挙に陥落させようと大群を送ってきた。センナケリブの家臣ラブ・シャケは、大声で呼ばわり、アッシリアの強大さを豪語することにより、イスラエル人の戦意を喪失させ、投降を促し、戦わずして征服しようとした。それは彼らが実は、生ける神の民イスラエルを恐れていたからだった。アッシリアにしても、かつて紅海の水を干上がらせ、諸国を震え上がらせたイスラエルの生ける神のことを聞いたことがないはずはなかったからである。
 神はなぜ、ご自身に忠実なヒゼキヤの治めるユダ王国にこのような困難を与えられたのだろう。それは、彼らに真の神のみを信じる信仰を植え付けるためだったのだろう。だからアッシリアが攻めてきて、ユダの砦の町々を征服したとき、ヒゼキヤには神への変わらぬ信頼が要求されていたのだ。しかし彼の信仰は、アッシリアの大群の前にもろくも崩れ、その前に屈してしまった。
 今日でも私たち信じる者の前には、様々な脅威が立ちはだかって来る。サラリーマンならば、自分に与えられた仕事上の責任がそれに当たるだろう。そして私たちは、ときにいと易々と、その脅威の前に屈し、礼拝を休んだり、祈りを怠ったりしてしまう。それは、ヒゼキヤが神殿と王宮の宝物庫にある銀をアッシリアの王に送ったのと同じことである。しかし私たちは、彼らがなぜ大声で呼ばわるのか良くを考える必要がある。というのは彼らは、知らずして恐れをいだいているからだ。この大宇宙を造られた、全能の神を知っている私たち信仰者が持っている穏やかさを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妻のこと

 神は、私にすばらしい伴侶を与えられた。私はこれまでに、彼女からたくさんのことを教えられた。最初に教えられたのは、お金の使い方だった。それまでは、私はけちで、お金を貯めることしか知らなかった。しかし、彼女と一緒になってから、お金は使うものだということが分かってきた。後になって、二人とも聖霊のバプテスマを受けると、妻は良く献金をするようになった。私の知らない間に、いろいろなところから領収書が送られてくる。いちいち合計したことはないが、たぶん結構な額になると思われる。それからというもの、冷蔵庫の中は、いつも食べ物であふれている。かつては、夜遅く会社から帰って来て、冷蔵庫を開けても、食べるものがほとんどなかったのに。
 彼女はまた、美しい明るい声で歌う。教会で隣の席に座り、共に歌っているときなど、息継ぎの癖が妙に同じであることに気付く。二人ともまったく違う声の質なのに。仕事で困難にぶつかったとき、いつも彼女に祈りの要請をする。すると、必ずうまく行く。いままでだめだったことは一度もなかった。私の腰が痛むとき、彼女の手がさすると、痛みが癒される。彼女は、かつてあることがきっかけで、牧師の家に一泊したことがあった。そのとき、朝早く目が覚め、台所で手の不自由な牧師夫人の炊事を助ける天使たちを見た。そして今は、自分がその天使のように朝5時から起きて働いている。彼女の涙には、物事を解決する力があり、これまでに多くのことを解決してきた。神様は、彼女だけにはどうも優しい。傍からは、彼女を味噌っかすにし、特別に取り扱われておられるように見える。
 彼女の口を通して、神が語られるのを聞くことがある。それは、私には新しい言葉であり、彼女も知らない間に、私に啓示が与えられるときがある。伴侶とは、こういうものなのだろう。彼女は今、リバイバルミッションの祈りの戦士に登録している。これは私にはできないことだ。かつて、初めてリバイバル聖会に行ったときに、すばらしい讃美の直中に投げ込まれたことを思い出す。そこで、可憐におどっている一人の中年の女性を見た。けっして美人ではなかったが、主に向かって歌いながら美しく踊っていた。それは、聖書の中に出てくる、かつてのイスラエル人の賢い女性を彷彿とさせるような気高い容姿であった。そのとき、妻があの姿の様だったらなんとすばらしいだろうと思った。しかし、気がついてみたら、彼女がまさにそのような人になっていた。
 彼女の中に、神の力が輝き出るのを見ることがある。それは、哀れみと癒しと勇気と麗しさ。宝石のような輝きと水のような命にあふれて湧き出でる。私は、自分の知っている範囲では、他のどこにもそれがあるのを見たことがない。しかしそれは、疑いもなくそこにある。それがあふれ出たときに、今ここにあると言うことができるほどだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月4日 | トップページ | 2007年9月6日 »