« 目の見えない人の癒し | トップページ | 再対決 »

2007/08/07

偽りを言う霊

列王記上 第22章

 三年間、アラムとイスラエルの間に戦いがなかった。しかし、たとえ平和の中にいても、人の心は常に戦っているものである。神が人を造られたとき、人の心に戦う性質を与えられ、「地を従わせよ」と言われたから。しかし、平和の中の戦いほど醜いものはない。それは、偽りの戦いなのだ。
 このときも、現代と同様に、世には不正が満ち、王に取り入るものが手厚い待遇を受けていたのだろう。王の元には、400人の預言者がいて、いずれも王に都合の良い託宣を述べ、それによって王は国を治めていたのであった。
 しかし、イスラエルのような広い領土と民の心を治め続けるには、戦いにより、結束を高めることがときに必要だったのである。そこで、そのころ姻戚関係を結んでいたユダの王ヨシャパテが訪ねてきたのをきっかけに、アハブ王は、自分の苦手な戦いを企画し、ヨシャパテに支援を要請した。ヨシャパテは快く承諾したが、彼は神に忠実な勇者であったので、まず主の言葉を求めるよう助言した。アハブは、自分の元にいた400人に預言させたが、ヨシャパテは彼らの堕落を見抜いて、「ここには、このほかに我々が尋ねることのできる主の預言者はいないのですか」と言った。アハブは、自分に組みしようとしない預言者ミカヤの名を挙げ、ヨシャパテの指示により不承不承に彼を連れて来させた。ミカヤは真実に主の御心のみを求める預言者であったので、アハブに主から与えられた敗北の預言を告げた。
 神は、かくこの世界を裁かれる。すなわち、偽る者の心には偽りの霊を送り、正しい者の心には正しい霊を送られる。彼らが共に預言するとき、正しい者は、正しい霊が語る言葉を聞き、偽る者は、偽りの霊が語る言葉を聞き入れるのである。
 アハブ王は、かつてエリヤが預言したように、戦いに倒れ、彼の血を犬たちがなめ、その血を洗った水で遊女たちが身を洗った。

|

« 目の見えない人の癒し | トップページ | 再対決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59973/16040378

この記事へのトラックバック一覧です: 偽りを言う霊:

« 目の見えない人の癒し | トップページ | 再対決 »