« 預言者の責任 | トップページ | 苦難の到来 »

2007/08/19

両親の救い

 私が父の受洗経歴を知ったのは、大学3年のクリスマスに自分の受洗希望を父に申し出たときだった。そのときの会話によると、父は戦時中の憲兵時代、キリスト教徒摘発に従事していたときに、自ら聖書の真理に目覚め、洗礼を受けていた。しかし、私が生まれるころには、すでに信仰から離れてしまっていたらしい。その後私は、大学を卒業、就職し、結婚、子供も3人与えられ、人並みの生活を営んできたが、父の信仰回復は、いつも私の願いであった。
 しかし、長男が大学に入学し、ほっと一息ついた年に、父がすでに末期癌で余命僅かであることが判明した。いままで、自分の仕事や妻との関係、子供の教育、教会活動等に明け暮れて、父の救いのことを後回しにしてきたことを神に告白し、十何年ぶりかに、父の救いを真剣に神に願い求めた。
 神は祈りの中で、私に一つのことを示された。それは父の枕元で、息子、娘たちに、交代で聖書を朗読させることであった。「どこを読むべきでしょうか」と伺うと、「創世記」と示されたように思えた。しかしそれは、私には好ましいようには思えなかった。「神様、創世記は私も大好きですが、父の余命はあと僅かです。今、創世記から読み進んでいては、救い主イエス・キリストが出てくるまでに何年かかることでしょう」と申し上げた。しかし、祈るほどに、「創世記、創世記」と神は言われているように思えた。そこで、「神様、分かりました。あなたのおっしゃる通り、創世記から読みましょう」と祈り、私自身を含めて、息子たちに1章づつ順番を割り当てた。10章まで読み進んだ日の深夜、父の容態が急変し、救急車を呼んだ。しかしその翌日、父は集中治療室のベッドで、信仰を告白したのだった。そしてその翌日、母の見守る中、父は静かに天に召されて行った。神は、私たちの願いを聞き、最後のときに父に改心を与えられた。
 父の信仰告白を聞いていた母の意向もあり、葬儀はキリスト教式で行われた。小さな教会堂に、たくさんの人が来てくださった。母も親戚も、キリスト教式の葬儀に好感を持ってくれたようだった。しかし、キリスト教には、位牌というものがない。葬儀会社の責任者は、クリスチャンであったので、このことを配慮してくれて、母に位牌の代わりに、きれいな写真立てと十字架の置物を下さった。しかし、キリスト教式で葬儀をしたことは、田舎の寺の住職を怒らせることになり、納骨もままならない状況となってしまった。そこで父の骨は、私たちの教会の共同墓地に納骨されることになった。
 その後、母はどうしても毎日が手持ち無沙汰のようで、父の位牌がほしいと言った。そこで私は、母を車に乗せて位牌を作りに行った。父の本名を刻んだ小さな位牌を受け取り、母はやっと落ち着いたようであった。
 父が天に召されてから、1年が過ぎようとしていたとき、母が父の1周忌をやらなければと言いだした。母はこれで、祭儀らしいことは、一切終えようと思っているようだった。私は、近くの斎場を手配し、親戚への連絡葉書を印刷した。親戚もそこに集った。
 それからしばらくして、母を車にのせて、父のお墓参りに行った。私たちの教団の共同墓地は、富士霊園の中にあった。そのとき、母の兄夫妻も一緒に行ってくれた。私は、墓の前で父の遺品のハーモニカで讃美歌を奏き、父は今天で暮らしており、私たちはまた父に会えると伝えた。そのときは、墓石には父の名前はまだ刻まれていなかったが、それからしばらくして、教団の墓地委員会から墓石への刻名の申込書が送られてきた。私は、それを申し込む時に、刻まれる父の名前の隣に一行空けておいてくれるよう依頼した。
 あるとき、また母を車にのせて買い物に行っていた。買い物が終わって、ちょっとコーヒーを飲んでから帰ろうということになり、フードコートでくつろいでいたとき、先日のお墓参りの話になった。私は母に言った、「お婆ちゃんは、将来どこのお墓に入りたいの?」すると母が言った、「お爺ちゃんと同じところでいいよ」。ハレルヤ!神様、感謝します。あなたの「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます」との御言葉は真実です。これで、ゴールは決まった。あとは、そこへどのようにして到達するかだけということだろうか。神様にますます祈り求めて行きたいと思っている。

|

« 預言者の責任 | トップページ | 苦難の到来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 両親の救い:

« 預言者の責任 | トップページ | 苦難の到来 »