« 不可知論者 | トップページ | 御言葉の刃 »

2007/08/22

世界への回帰

ヨブ記 第12章

 今日でも、聖書をそのように読む輩がいる。聖書は初めから、むずかしく完全に理解などできない代物であるという確信を持つ人々がいる。それゆえ彼らは、字面ばかりをおっているだけで、聖書を真剣に読もうとしない。もし、聖書の内容に対して、そこに書かれていないことも含めて、誰かが断定的な意見を言おうものなら、彼らは血相を変えて、それを否定する。「聖書を軽々しく解釈するな」と。しかし、聖書とはそのようなものか。もっと人間の近くにあるものなのではないか。求める者には、聖霊が新しい知識を与えてくださるのではないか。
 ある人はまた、神を知ることは不可能であると言う。神について、誰か友達であるかのように語る者がいれば、その人は神を冒涜しているとか、ないがしろにしているとか、または華々しくは、うそをついているとかその他いろいろに決め付ける輩がいる。しかし、ヨブはここで、自分は、神に呼びかけて答えていただいたこともあると言っている。神は、答えられる神である。神は生きておられる神である。人間を愛を持って創造し、目的を持って導かれる神である。その目的は、不可解なものでな決してなく、神はそれを私たちに啓示されるのである。
 この世を生きることは、ヨブのように神を求めることだとヨブ記は教えている。聖書を読んでそれを参考に生きることではない。ヨブのように神に呼びかけて答えていただくことなのだ。もしあなたがまだ、聖書に語り掛けられ、神に答えていただいたことがないならば、あなたはヨブである。ヨブのように神と格闘する必要がある人なのである。

|

« 不可知論者 | トップページ | 御言葉の刃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59973/16206942

この記事へのトラックバック一覧です: 世界への回帰:

« 不可知論者 | トップページ | 御言葉の刃 »