« 2007年6月8日 | トップページ | 2007年6月11日 »

2007/06/09

終焉

サムエル記上 第31章

 イスラエル軍は、進軍して来たペリシテ軍と戦い、次々に打ち負かされて行った。イスラエル兵はペリシテ軍の前から、あるいは逃げ去り、あるいは傷ついて倒れた。いったい何が起きたのだろう。あの勇士ヨナタンさえ、ついに敵の剣に掛かって倒れてしまった。
 この日、神はイスラエルを省みられなかった。それにしても神は、イスラエルの王位をサウルからダビデへ移すために、このような悲劇を許されたのであろうか。私は、そうだと思う。伝道の書に書かれているように、災いはこの世界を生きるすべての人に、同じように臨むものなのだから。サウルやヨナタンが多くの敵を倒したのは、神の力によったのであり、神の栄光を表す使命によって行ったのであった。
 神はこの世界のすべての民族の創造者である。だから、神にとっては、ペリシテ人もイスラエル人と同様、ご自身が創造した民族であり、その限りで愛の対象なのである。イスラエルが選びの民であるということの意味は、神が創造されたたくさんの民族のうち、神はイスラエルを一番愛しておられるという意味ではない。それは彼らが、神と契約を結び、律法を与えられ、それに従って生きることにより、この地上で神の栄光を現し、神の裁きを告げ知らせるためなのである。サウルは、初代のイスラエルの王として、神の栄光を現し、神の裁きを告げ知らせた。イスラエルの兵士たちは、サウルの元で神を知らない諸国民と戦い神の裁きを遂行した。彼らは、人間としての弱さを抱えており、神から命じられたことをすべて成し遂げることはできなかったが、選びの民として、諸国民の間で神の栄光を現した。それゆえ神は、サウルをギルボア山頂で敵の剣により死なせたが、それはサウルに対する神の裁きなのではない。また同様に、ヨナタンに対しても神の裁きが降ったのではないし、イスラエルの兵士たちにとっても同様である。彼らは、神から与えられた選びの民としてのその勤めを終え、敵の剣に倒れたのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月8日 | トップページ | 2007年6月11日 »