« 2007年5月1日 | トップページ | 2007年5月4日 »

2007/05/02

主がそこにおられる

エゼキエル書 第48章

 エゼキエル書の最終章は謎であるが、それは聖なる都について書かれているように思える。ヤコブの12人の子が長い歴史の中で、それぞれ独立した部族となり、聖なる土地を斯業として与えられた。ついに彼らは、神がアブラハムに約束された最終の目的地に到達した。ここが永遠に彼らの住みか、安住の地である。ここには、なんという安堵感が漂っていることだろう。もやは彼らは迷い出すこともなく、敵から攻撃されることもない。忌まわしいことがすべて過ぎ去ったのである。神は、かれらのために都を用意されていた。この都は彼らが建設するものではないと思われる。なぜなら、都の設計図がどこにも示されていないのだから。
 都の城壁には東西南北に3つづつ、計12の門があり、おのおのイスラエルの12部族の名が一つづつ記されている。この都の内に神殿はない。神殿は、レビ族の中のツァドクの子孫である祭司の領地の中にあり、たぶん安息日と新月の日しか入ることを許されない。それでは、毎日の礼拝はどこで行うのだろうか。いや彼らはもはや神殿で礼拝することはないのだろう。きっと彼らの礼拝の場は、実生活の場なのだ。そして神殿は犠牲が捧げられる場所としてのみ存続するのだろう。しかしそれも、やがて完全な犠牲が捧げられるときには廃止されるだろう。いやむしろこの神殿は元々、心の中の犠牲、すなわち人が主イエスに日々従うことを表したものではないだろうか。というのは、ヨハネの黙示録には、「神と小羊が都の明かりである」と書かれているから。そしてこの都の名は、その日から「主がそこにおられる」と呼ばれる。それは、主イエス・キリストにより、罪を購われ、聖霊を授かった人の心ではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月1日 | トップページ | 2007年5月4日 »