« 2007年4月14日 | トップページ | 2007年4月16日 »

2007/04/15

なぜ不平等があるのか

 この世界には、不平等なことがたくさんある。お金をたくさん持っている人がいるかと思うと、貧困に明け暮れしている人がいる。私たちの住んでいるこの日本は、平穏な毎日を送っているが、遠い国では今も戦争が行われている。日本に生まれた子供は、豊かな生活を送れる可能性が高いと思うが、戦争の最中に生まれた子供は、平和も知らず、その一生はどんなにか苦しみの中にあることだろう。また、生まれつき体が弱かったり、障害を持って生まれてくる人がいる。そのような場合は、生まれてくる子供の両親の苦労もまた大きい。またそうでなくても、人生の途中で事故にあったり、病気に掛かったりして、その身に大きな苦難を負って人生を歩む人がいる。
 私は神様に、どうしてそのような不平等があるのかと聞いてみた。「神様、あなたは、すべての人を等しく愛しておられるはずです。それなのに、どうして幸福な人と不幸な人がいるのでしょう。また、幸福に多い少ないがあるのでしょう。また苦難にも人により大きな違いがあるのでしょうか。」神様は、答えてくださったように思えた。それは、私の予想していなかった答えであった。
 神様がこのように言われたように思った。「私は、不平等をしていない」と。「神様、どうして、どうして不平等ではないのですか。」神様は、言われたように思った。「あなたの人生の目的はなにか。」「もし人生の目的が、楽しく暮らすこと、幸福に暮らすことならば、あなたが言うように、私は不平等をしていることになる。しかし、人生の目的は幸福に暮らすことではない。この世界にあっては、人の最後はみな死だからだ。だから、その短く空しい日々をどう生きようかとあくせくしてはならない。人生の目的は、愛なのだ。」「私は、イエス・キリストにおいて、すべてをあなたに与え、永遠の愛であなたを愛した。だから、あなたの人生の目的は、神を愛し、神の栄光を現すことだ。そして、私はすべての人がこの人生の目的を達成することにおいて、いつも平等に機会を与えているのだ。」「だから、どんな苦難の中にあっても、どんな苦しみの中にあっても、危険の中にあっても、また裕福の中にあっても、貧困の中にあっても、私たちはその人が私の栄光を現すのを固唾を呑んで見守っているのだ」と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月14日 | トップページ | 2007年4月16日 »