« 2006年12月28日 | トップページ | 2007年1月11日 »

2007/01/05

「死に至る病」:第二編 絶望は罪である。 B、c キリスト教を積極的に廃棄し、それを虚偽なりと説く罪

 罪は、絶望の度合いが強まったものであり、躓きはそれのさらに強まったものというのがキルケゴールの主張である。そして、絶望の場合において、その度合いが強まるにつれて、ある段階に達すると、不連続的な質的変化が訪れ、弱さから強情へと転換したように、躓きにおいてもまた同じような転換が見られる。すなわち、「自分の罪に絶望する」という段階から「罪の赦しについて絶望する」という段階を経て「キリストを否定する」という段階へ転換するのである。これは、聖霊を汚す罪だとキルケゴールは言う。そしてこの段階においては、情状酌量の余地も悔い改めの機会ももはや有り得ないという。
 キリストは、人の救いのためにその身に苦難を負われた。しかし、キリストの救いがどのように完全なものであっても、彼に人が躓くという危険性を取り除けてしまうことはできないとキルケゴールはいう。神は人に自由意志を与えられ、彼をご自身にある意味で対等に関わるべき存在として創造されたのだ。しかし、その尊い救いに一つの条件が課せられている。それは、キリストの十字架が人類一般のためなどではなく、神の前に立つ一人の人間としてのあなたの救いのためであったことを信じるという条件である。そしてそれを信じるということは、あなたが神の前に自分を捨てて、自分の十字架をその身に負ってキリストに従い行く決意をするということなのである。
 天の神さま。私の十字架を負って、あなたに従い行かせてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「死に至る病」:第二編 絶望は罪である。 B、b 罪の宥しについて絶望する罪(躓き)

 この章は、他と比べて異様に長く19頁半もある。そこで、この書においてキルケゴールがもっとも言いたかったことがこの章に凝縮されていると見られる。それは、一言でいうと「キリスト教は本来どうあるべきか」ということである。
 曰く、「躓きというものは個体に関係する。それとともにキリスト教が始まる、すなわち各人を個体に、個体的な罪人になすことによってキリスト教が始まるのである。さてそれは天と地とが躓きの可能性について掻き集めうるような一切のものを一点に集中する、それがキリスト教である。」
 キルケゴールによれば、躓きというものは、キリスト教にとって無くてはならないものであり、これを取り除けようという試みは、神への冒涜であり、キリスト教の間違った推薦である。というのは、彼によれば「躓きは、個体的人間の主体性の最決定的な最高の規定である」からである。それゆえに神は人を愛し、その罪を取り除くために、罪を徹底的に糾弾されるのであり、その購いの御業における人との無限の質的相違において、人との関係、つまり購う者と購われる者との関係を全うされるのである。そして、「神=人の教説」すなわち三位一体は、このような神と人との関係において理解されるべきなのである。
 しかるに現在のキリスト教は、罪の教説を歪めてしまい、人の罪を正確に把握することができず、その結果、自らの罪の赦しを確信することができない状態、すなわち「自己の罪の宥しについて絶望する罪」に陥っている。
 だから、人の聖書に対する種々のアプローチがどのように効を奏し、それにより、キリスト教と人間がどのように合理的に説明されようとも、それは実は机上の空論に過ぎないのである。なぜなら、人は上記のような神との個人的な関係、すなわち罪を購われるべき存在であることからは、決して逃れられないからであり、人にそれが理解できないのは、彼が罪の反対を、聖書が言うように信仰に見ることをせず、徳に見ていることによるのである。
 父なる神さま。まことに信仰によらないことはすべて罪です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「死に至る病」:第二編 絶望は罪である。 B、a 自己の罪にかんして絶望する罪

 「自己の罪に関して絶望する」とは、罪からの解放に関して絶望すること、すなわち悔い改めへのあきらめである。そしてそれは再び、「あきらめ」というような受動的なものではなく、恐ろしいことに彼の積極的な決断なのだとキルケゴールは主張する。
 それは、彼の中の罪がそれ自身として一貫性を持とうとしていることの現れである。彼が罪の中に留まりつつ彼自身であるという自己意識を持ち続けるためには、すなわち、彼が罪の中で自己実現していく為には、そこに一貫性、しかも罪の一貫性が必要となるのである。そしてそれは、彼が自分が罪の中に留まっているのだという 明瞭な自己意識を持ちながら罪の中に留まってるという状態であり、彼の罪がそれ自身において一貫性を持ち始めたこと、つまり彼が罪に本格的に沈潜し始め、罪との人格的な関係を獲得し始め、それにより彼自身が罪そのものとさえなり始めたことを意味しているのである。
 人が自己の罪を悔い改めて、自分を捨ててキリストに従って行くことを意志しない限り、彼を待っているのは、遅かれ早かれ、このような奈落への入り口なのである。
 父なる神さま。真の悔い改めの心をお与えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「死に至る病」:第二編 絶望は罪である。 B、罪の継続

 「すべての人は罪人であり、これは人間の力では決して克服することのできないものである。そして、そのような呪縛から私たちを救い出すために主イエス・キリストが来て下さったのだ。」ということが福音の定説となっている。それはある意味で正しいことだ。しかし、ある意味では正しくないとキルケゴールは言う。どのような意味で正しくないかと言うと、罪が呪縛であるという意味についてである。
 もし罪が文字通りの意味で呪縛であるなら、私たちは被害者であり、加害者では無くなり、罰を受ける言われもなくなってしまう。しかし、キリスト教は、人間が自らの意志で罪を犯し、しかもその中に自らの意志で留まり続けようとしていると人間を糾弾する。そして、そのような人間に地獄の刑罰を用意しているのである。
 人間の罪とは、人間がそのように、意志において完全に悪い者になり果てており、自分の意志で罪を犯し続ける存在であることなのである。しかし、この状態は、非常に恐ろしい状況であると共に、そこに一つの救いがある。それは、罪が継続的なものであるのは、人間の意志によることならば、人間自身がまたそれを克服することができるはずだということである。すなわち彼が、そのような自分の意志を捨て、正しいお方に生涯従っていく決心をするならば、彼は自分の意志で正しく生きて行くことが可能となるのである。それは、彼が自分の生来の意志を捨てることを意志するという複雑な行為であるが、キルケゴールが言っているように、人間が自分自身を見て、それと関わる存在であることによりこれが可能なのであり、それが悔い改めと呼ばれるのである。
 しかし人がそのように自分の罪を悔い改めて、悪い意志を捨て去ろうと意志しないならば、非常に恐ろしいことになる。それは、それが可能であるのは、上記のことから彼が継続的にそのことを意志し続けることによるからである。そして最初の内は、彼は、自分が悔い改める機会を待っているという受動的な感覚を持っているであろうが、やがて真実の状況が明らかになってくる。それは、彼がその生涯の間、自分の意志で、継続的に罪を犯し続けていたということである。
 父なる神さま。あなたの諭しに、真実な心で従うことができますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月28日 | トップページ | 2007年1月11日 »