« 2006年10月14日 | トップページ | 2006年10月16日 »

2006/10/15

モンゴリア

Mongol

仕事でモンゴルへ行くと、いつも絵を買ってくる。何枚も買ってくるんだがみんなだれかにあげちゃって、結局手には残らない。でもこれはまだ僕の部屋にある。それから、このちょっとかわいいゲルのミニチュアも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディズニー

Disney

フロリダのディズニーワールドに1週間缶詰状態でカンファレンスがあった。ホテルは、とても高級だった。すべてがパステルカラーのような感じだった。やはりディズニーワールドは夢の世界だと思った。でも、それは、ちょっと危ない夢の世界のように思う。「どうして」って? うーん、なんだかそんな気がするだけなんだけど。
その夢の世界で、いちばん夢のようなおみやげがこれ。ミッキーとミニーのエンピツ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイみやげ

Thai

タイに行っていた宣教師から、おみやげをもらった。
バナナの木の皮で作った入れ物。金属の入れ物。なんかの木をくりぬいて作った、パズルのようなかにの形の入れ物。入れ物はもらったけど、中になにを入れていいのかわからないので、何も入れずにほってある。
でも、その分、タイの空気が中に入っていて、まだ抜けていないような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アフリカ

Africa

アフリカに仕事で行ったときに買ってきた、こんなもの。
毛がもじゃもじゃしていて、なんだか変な感じ。
呪いでも掛かってたら困るけど、いままで持ってても何も悪いこと起こらないから、多分大丈夫でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケーブルカー

Cablecar

ずっとずっと以前に、仕事で最初にサンフランシスコに立ち寄ったときに買ったおみやげ。
子供にあげたけど、どうもいつのまにかおもちゃ箱の底にいっちゃってて、ついに捨てられそうになったので、もらってしまった。
これは、サンフランシスコでは、どこでも掃いて捨てるほど売っているものだけど、なんだか心温まる一品なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マトリョーシカ

Motoryosika

ロシアから来た人に車を貸したら、お礼にこれをもらった。
もらったとき、とても軽かったので、お菓子かとおもった。
でも包みを空けてみたら、きれいな人形がでてきた。
さわっている内に、パカッと割れて、中からまた同じのが出てきた。
そしてまた中から、・・・・・・・。
ロシア人って、おもしろいこと考えるねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グレーシャーポイント

Yosemite

ヨセミテ国立公園は、とてもきれいなところだった。
泊りがけで行くと、グレーシャーポイントに登ることができる。
これは、その頂上で買ったおみやげ。
何百メートルもあるハーフドームをこんなに小さなプラスチックのケースに閉じ込めてしまったところが、なんともおもしろい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サーモン

Samon

アラスカで買ったおみやげ。
堆積岩にサーモンが浮き彫りになっている。まるで、川の流れの中を、勢いよく泳いでいるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アラスカ航空

Alaskaairline

アラスカ航空の機内食で、お茶とお菓子が配られた。とても上品でおいしかったが、特に感動したのが、それと一緒に配られたこの紙。美しい写真と共に、聖書の詩篇の一節がさりげなく記されてあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランド

Rand

南アフリカの貨幣は、RANDという単位だ。さすがにアフリカだけあって、貨幣には動物や植物の絵があしらわれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貝の巣の石

Kaiishi

家族で海水浴によく行ったものだ。最近はとんとご無沙汰だが。
浜辺で何かおもしろいものを見つけると、すぐに持ち帰るくせがある。
これは、そんな感じで拾ってきたのだが、石に穴を開けて棲んでいる小さな虫がいるらしい。
これを拾ったときには、その虫にはお目にかかれなかったのが残念だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムール貝

Mussel

P.E.I という遠い島では、ムール貝がとてもおいしい。レストラン等で注文すると、アサリの酒蒸しのように、お皿にいっぱいのって出てくる。これが一人前。とてもおいしい。
これは、そのムール貝にP.E.I 特有の灯台の絵が描いてある愛らしい作品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

糞のキーホルダー

Moose

アラスカでは、ムースという大鹿は、とても神聖な動物らしい。その糞さえも神聖視されているようだ。これは、アンカレッジで買った、ムースの糞をそのまま使ったキーホルダー。セーターなんかに付けていると、ちょっと汚れそうに見えるが、実際は、カチカチで壊れることはない。これは、環境保護と収益が両立しているおみやげである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シナイ山の石と死海の塩

Sinai

シナイ山に登ったことは、「キリスト信仰の体験記」に記したが、そのとき必死の思いで拾って帰ったのがこの赤い石。それから、死海で泳ぐ前に近くの山で拾ったのが、この塩の塊。あとから考えるて、あの山全部が塩だったんだなと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッパと七枝の燭台

Israel

これは、イスラエルで買ったおみやげ。
ダビデの星がついたユダヤ教の帽子、今でもときどき頭に乗せてみる。
それと七枝の燭台。真鋳は、金のように輝くので、イスラエルでも特殊な意味を持っているようだ。
たとえば、パトモス島に流された使途ヨハネの前に現れた主イエスの足は、炉で精錬されて輝く真鋳のようだったと記されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月14日 | トップページ | 2006年10月16日 »