« 2006年5月31日 | トップページ | 2006年6月22日 »

2006/06/02

栄光の雲

出エジプト記 第40章

 神がモーセを通してお命じになったものを民がことごとく造り終え、それがモーセの目にかなったとき、神は、月の第一日目に幕屋を建て上げて、それらの創造物を配置することをお命じになった。神が人の作ったものを受け入れられ、その中に住まわれるとは、なんと驚くべきことだろう。
 しかし、モーセとアロンとその子等が、これらいっさいのものを啓示された位置に据え終わるや否や、雲が会見の幕屋に満ちた。それは、全能の神の臨在を示す栄光の雲であった。
 もしこのことが起こらなかったなら、彼らのこれまでの奉仕は、何の価値もなかったであろう。それは、一つの荘厳な儀式を中心とした宗教を創作するのには、あるいは十分であったかもしれない。しかし彼らは荒野で、そのような空虚なものを求めていたのではなく、神がモーセを通して民に啓示されたものもそのようなものではなかった。かくして栄光の雲が幕屋を満たした。そしてそれは全能の神が、彼らの直中に住まわれることであった。
 もしこのことが今日の私たち信仰者に起こらないなら、私たちの敬虔は、何の甲斐もない。もし全能者の聖なる霊が、神の言葉とふさわしい苦難によって整えられた、備えある信仰者の心に天から注がれて、超自然的にそこを満たし、神が宿られる聖なる神殿とすることがないならば、私たちの信仰もまた空しいと言わなければならない。
 父なる神さま。私たちの心を聖霊によって満たし、あなたが臨在される、聖なる神殿としてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月31日 | トップページ | 2006年6月22日 »