« 律法の型 | トップページ | 十戒 »

2006/04/17

神の来臨

出エジプト記 第19章

 ついに神ご自身がシナイ山の頂上に下って来られた。そのとき、密雲と雷鳴、そしてトランペットの音が不気味に長く鳴り渡り、民はみな震えた。神はモーセを通して民を戒められた。「人でも獣でも、山に触れるものは死ななければならない。」
 神が人の前に顕現されるとき、どうしてもこのような恐ろしい姿をとらざるを得ない。それは、人が直接に神を見ることがないようにとの配慮である。というのは、人が神を見るとき、同時に自分をも見ることになるからだ。「神の前に自分を見ること」、それはなんと恐ろしいことだろうか。彼が見る自分は、もはや彼が考え描いてきた自分ではない。それは、この宇宙の創造者、天と地の創造者、万物の支配者から見た彼自身なのだ。
 神がこのような顕現をされたのは、民がモーセを神の僕と信じるためだった。神は、イスラエルに律法を与えるに際して、モーセという一人の人を仲立ちとされたのである。このことにおいてモーセは、イエス・キリストの型といえる。彼は神と人の仲介者であり、神はこの人を通して、イスラエル民族と新しい計画を結ぼうとされたのだ。神はモーセに、奇跡を行う力や神と語る権限を与えられ、彼の顔の皮が光を放つようにさえされた。神は、モーセを可能な御限り、主イエス・キリストの姿に近づけられたのだ。神と人の仲介者はただ一人、主イエス・キリストなのだから。しかし彼モーセは、実際はその姿において、なんと主イエス・キリストと異なっていたことか。その理由は、彼モーセは主イエス・キリストのように神にして人ではなく、人にして人であったからだろう。人が神のようになろうとするなら、このようにならざるを得ない。私たちは、その限界をモーセに見ることができる。そして、その完全な実現を主イエス・キリストに見ることができ、それはさらに私たち信仰者の成るべき姿なのである。
 父なる神さま。私たちが主イエス・キリストの中に自分を見いだすことができますように。

|

« 律法の型 | トップページ | 十戒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59973/9642527

この記事へのトラックバック一覧です: 神の来臨:

« 律法の型 | トップページ | 十戒 »