« この世に住むこと | トップページ | 契約の代行者 »

2005/12/10

人の行い

創世記 第20章

 私たちは、この世界を生きるとき、様々な係わりの中に投げ込まれる。その際、私たちは一時的な戦略の中に妥協してしまうことがある。アブラハムは、自分の妻を妹と偽ることにより、状況に対処しようとした。
 しかし、それはその地の王アビメレクの命を危うくし、彼の反感を買う結果ともなった。神がアブラハムを助けられたので、彼はこのことにより害を受けずに済んだ。
 神はご自分を信じる者をこの世界にあって、このように手厚く取り扱われる。彼がしでかす失敗を神は、ご自身の責任において修復し、さらにそれをさえ用いて、信じる者に祝福をお与えになるのである。だから私たちは神のためには自ら何も良いことを行なうことができない。ただ神のみが良いことを私たちに行なわせることができるのだ。
 父なる神さま。私がただあなたの指示により、良いことを行なうことができますように。

|

« この世に住むこと | トップページ | 契約の代行者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59973/7558757

この記事へのトラックバック一覧です: 人の行い:

« この世に住むこと | トップページ | 契約の代行者 »