« イエスの死 | トップページ | 神に従うこと »

2005/06/08

イエスの復活

マルコによる福音書 第16章

 主イエスの復活は、一つの恐怖である。まず、死人が蘇るということ自体、気味の悪いことだ。たとえそれが身内のものであっても。
 次に、主イエスを十字架に付けた者たちにとっては、それは限りない恐怖であろう。
 次に弟子たちにとっても一つの恐怖でありうる。彼らは、主イエスの死により、また以前のある意味で平穏な生活に戻り始めていたであろうから。しかし今。自分たちを支配し、見知らぬところへ連れて行く存在が蘇ったのだ。
 この世界の視点で、主イエスの復活を見るとき、それは恐怖と写る。弟子たちや女たちが、主イエスの復活に接し、恐れたり疑ったりしたのは、そのためだと思う。そして今日においても、もし私たちに神の掲示がないのなら、主イエスの復活は、同じように恐怖と写ることだろう。
 というのは、使徒行伝における初代教会のような伝道を今日の教会が行ったなら、たぶん多くの教会員は、教会から出ていってしまうだろうから。それは多分、聖霊の迫りと励まし、慰め等により、初めて可能となるのだろう。
 しかしそういうことはあっても、主イエスの復活は私たちにとって大きな喜びでありうる。しかしそのことは再び、私たちの主イエスに対する従順と信仰の上に成り立つのである。
 主イエスは、復活してから言われた。「全世界に出て行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えよ。」この命令を真摯に受け止め、その実現のために人生を捧げる者だけが、主イエスの復活を真に喜ぶことができるのだろう。
 主イエスさま。あなたの大宣教命令を私に実行させて下さい。

|

« イエスの死 | トップページ | 神に従うこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59973/4464258

この記事へのトラックバック一覧です: イエスの復活:

« イエスの死 | トップページ | 神に従うこと »