« 2005年6月9日 | トップページ | 2005年6月28日 »

2005/06/25

主イエスの命令

ルカによる福音書 第6章

 「パリサイ人と律法学者は、モーセの座に着いている」と主イエスは言われた。しかし主イエスが私たちに望まれることは、そのようなことではない。主イエスは、私たちがモーセの律法ではなく、主イエスご自身の命令を実践されることを望まれるのである。
 主イエスの命令は、どこに書かれているのか。実はまだそれは書かれていない。それは、聖霊によってあなたの心の中に書かれるのだ。そして、それを読むことができるのは、ただあなただけなのだ。
 だから、その命令がどのようなもので、あなたがそれをどのように成し遂げたかを他の人が知ることはできず、あなたは他人に対してあなたの業績を誇ることもできない。あなたの業績を評価するのは、主イエスお一人なのであり、あなたはただそのためだけに生きているのだ。
 主イエスさま。私の人生が、ただあなただけに喜ばれるものになりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

主との距離

ルカによる福音書 第5章

 主イエスは船の上から岸辺の群衆にメッセージを語られた。
 メッセージを語る者とそれを聞く者の間には、このような距離がある。私たちが聖書を読むとき、主イエスとの間には、やはりこのような距離があるのである。
 しかし一人だけ、主イエスとの距離が近い者がいた。主イエスが乗っていた船は、シモンペテロの船だったからである。彼は、そこから自分の生活の糧を受けていた仕事の道具である船を主イエスに提供した。自分がしていた、網を繕うという仕事を投げ出して。
 主イエスは、そのように自分を惜しみなく捧げる者に近づいて来られるのだ。私たちは、主イエスのメッセージを聞いているだけでは永遠に主イエスにお会いできないだろう。主イエスは、ペテロのように自分の生活を捧げる者にご自身を現されるのだ。
 主イエスはご自身をどのような者としてペテロに現されたのか。それはメッセージを語る者としてではなかった。それは、ペテロがそれまで見たことも聞いたこともなかったお方としてであった。そのお方の前にペテロはひれ伏し、「主よ、私から離れてください。私は罪深い者ですから。」と告白した。
 聖書を読むことは、私たちが主イエスにお会いするための準備に過ぎない。主イエスは、生活の中で私たちを待っておられるのだ。
 今日のあなたの生活の中に、主イエスをお迎えする必要がある。効率と快楽に向けて最適化されたあなたの生活の中に、主イエスのための無駄な時間を創造するのだ。主イエスがそこであなたを待つことができるために。
 しかし、待望の主イエスとお会いしたとき、主イエスはあなたに、さらに新しいことを語られる。「あなたの網を捨てて、私に従って来なさい。」と。主イエスがあなたと会われるのは、あなたからすべてを取り上げるためなのだ。だからもし、あなたの持っているものすべてを主イエスに捧げることができないなら、あなたが主イエスと会うことには意味がない。しかしあなたが自分の持っているものすべてを捨てる覚悟で主イエスとお会いするとき、同時にあなたは神から、この世界すべてを相続することになるのだ。
 主イエスさま。私の生活の主となってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神の子の地位

ルカによる福音書 第4章

 人々はイエスを崖から付き落とそうとした。しかしイエスは、彼らの真ん中を通って去って行かれた。
 この世界で、主イエスに害を与え得るものはない。悪魔が主イエスを誘惑できるためには、まず主イエスの肉体が極限まで消耗されなければならなかった。そうなって後、初めて悪魔はイエスに近づくことができたのであった。しかし、主イエスが元気を取り戻したとき、悪魔は離れて行かざるを得なかった。
 人々も主イエスに近づくために、まず主イエスを、神の御子の地位から引き下ろそうとした。「この人はヨセフの子ではないか。」しかし主イエスは、そのような者ではない。彼は、子をその父に、友をその友に敵対させるために来たのだ。
 今日、私たち主イエスを信じる者にも世の人は、主イエスに対したのと同じように振る舞う。「あなたは、私たちの同僚ではないか。」しかしあなたは、そのような者ではない。あなたは、神の子なのだ。そして、天の父の御心をこの地上で行う者なのだ。
 もしあなたが聖霊に満ちているなら、悪魔があなたに手を触れることはない。しかし、もしこの世と妥協するなら、それは悪魔があなたに近づく道を作ることとなる。
 私たちはどのように聖霊に満たされる続けることができるだろうか。それは、非常に意外な方法なのだが、「弱くなる」ということだ。
 肉なる私たちが死ぬとき、私たちの内に住まわれる主イエスが輝き出られる。もし私たちの心が砂漠のようなら、主イエスはそこで弱り果ててしまわれるだろう。しかし、もし私たちの心が自分に死に、ただ神の御心のみを求めるのなら、私たちの心は、潤った園のようになり、主イエスの栄光が輝き出るようになる。
 主イエスさま。私たちの砂漠のような心の中で、あなたは一人、悪魔と戦われるのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月9日 | トップページ | 2005年6月28日 »