2018/12/15

あと一つ足りないもの

 教会に通い、聖書を読み、神学もちょっとだけ学び、家族を愛し、与えられた仕事を一生懸命にし、そしてある朝、目覚めたとき、なんだか力がでないということがある。どうもいつもの調子が出ない。何が足りないのか。そんなことは、誰にもあることで、そのうちに調子も出てきて、力も、自信も出てくるものなのだが、それがどうも自分の思うようにならない。100%の安心がない。信仰の必然性がない。それが罪の中にいるということなのか。
 いや、たぶん違うのだろう。信仰は、そんなに混沌としたものではないはずだ。誰でもが普通に努力すれば、勝利を勝ち取れるはずのものではないか。それでは、その原因は、何なのか。いつもいつも完全に信仰の中を歩めないということの原因は、いったい何なのか。それは、それは、やっぱり自分の力にまだ頼っているということなのだろう。
 そう、信仰の調子を自分で取り戻そうとしているところに無理があるのだろう。それでは、どうすれば良いのか。そもそもの始まりは、どこなのか。それは、「礼拝」である。
 「神を礼拝すること」。ここからすべてが始まる必要がある。「主を喜び祝うことこそ、あなたたちの力の源である。(ネヘミヤ8:10)」
 それ以外に、私が力を得る道はない。私の内には、良いものがないからだ。そして、聖書を読んで考えても無理である。考えるのは、私だからだ。しかし、もし神を礼拝するなら、私の内に聖い憧れが湧き起こる。そして、聖霊による啓示が与えられる。
 私は、これをつかむ必要がある。つまり、「主を喜ぶことから力を得ること」である。そして、それは、神との関係の構築であり、自分の祭壇を築くことであり、それ以外のものではない。それは、今日を生きるためのものであり、今日、神に仕えるためのものであり、明日のためではない。「明日は、明日自身が思い煩に違いない。」
 黙示録を読んでみたまえ。そこに最後のことが記されている。すなわち、「彼らは地上の広い場所に攻め上って行って、聖なる者たちの陣営と、愛された都とを囲んだ。すると、天から火が下って来て、彼らを焼き尽くした。(黙示20:9)」
 だから、私たちは、神と共に戦い、最後に勝利を得るのではない。最後に勝利を得るのは、神お一人なのである。私たちは、悪魔との戦いについに勝利するのではない。それは、神が今すぐにでも成し得ることであり、神がそれをなさらないのは、命に定められながら、今失われている者をすべて救うためなのであり、私たちがそのために成すべきは、今日というこの日の小さな戦いにおける一つ一つの勝利なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/12

三位一体の神を信じる

 キリスト教の神は、三位一体の神である。そこで、キリスト教の信仰の方法というか形態は、他の宗教とは決定的に異なっている。一言で言うと、「父なる神を礼拝する」、「御子イエスに従う」、「聖霊に依り頼む」というように、三位の各位格に対して、独特の接し方をする必要があるのである。
 まず、「父なる神を礼拝する」ということに関してであるが、私たちが礼拝するのは、旧新約聖書の神である。この宇宙を創造し、壮大な歴史を実際に動かしておられる大いなるお方である。聖書の中にご自身を表され、天地創造以前に私たちの誕生と救いを定められ、そのご計画に従い、私たちを喪失の中から救い出し、ご自身の子とし、全宇宙を相続する者とされた。その計り知れない知恵と力、愛と恵みの神を礼拝するのである。
 次に、「御子イエスに従う」ということであるが、「御子」とは、天の父の独り子であるが、私たちにとっては、私たちを治める王であり、万軍の主なる司令官である。彼は、神であられたが、自ら人となり、この罪の世界に生まれ、その公生涯を通じて、私たちの成しえなかった罪の贖いを成し遂げ、勝利を勝ち取られ、黄泉から戻り、復活して天に昇り、神の右の座に着かれた。その王の王、主の主に私たちは従うのである。何のためにか。失われた魂の内、永遠の命に定められている者を救い出し、勝ちとるためである。私たちは、その戦いのさ中にあり、主イエスがその先頭に立たれているのである。
 最後に「聖霊に依り頼む」ということであるが、主イエスが天に帰られた今、私たちをこの地上で導かれるのは、聖霊以外にいない。聖霊がおられなければ、私たちは何も知りえないし、何も成し得ない。私たちの生来の性質は、罪に死んでいるからである。しかし、もし私たちの内に聖霊がおられるなら、体は罪に死んでいても、霊は生きているのである。しかし、私たちは、霊的なことを理解することができない。そこで、どうしても助け主が必要なのである。聖霊は、私たちが父なる神を礼拝することを助け、主イエスの雄姿を心に啓示し、私たちが神の子であり、戦士であることを教え、励まし、助けてくださる。それゆえに、私たちは、信仰の戦いに勝利することができるのである。
 このような宗教が他にあるだろうか。このキリスト教の信仰体系に比べて、他の宗教の体系は、おもちゃのようなものだ。しかし、もし私たちが、この三位一体を正しく信仰しないならば、このすばらしい体系も十分機能せず、私たちは、迷いの中に悪魔の軍勢との戦いに翻弄されてしまうかもしれない。勝利は、すでに決まっているのであるが、私たちには、主イエスと共に、この戦いを雄々しく戦い、彼と共に勝利者となることが求められているのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/06

異言のクリエイティビティ

 異言は、聖霊が語らせてくださる言葉である。しかし、だからと言って、それが100%聖霊の作品かと言うと、そうでもない。第一、私が口を動かさなければそれは発音されないし、私が語るのをやめれば、それは終わってしまう。また逆に、私が語り続ければ、それはいつまでも続くのである。かと言って、それは私のデタラメな創作なのかというと決してそうではない。私は、そのような言葉を、そのような速さで思いつくことはできないからである。使徒パウロは、「わたしは、あなたがたのだれよりも多くの異言を語れることを、神に感謝します。(コリント1の14:18)」と言っている。それは、ある意味で「彼の能力」であったし、同時に神からの賜物だったのである。
 そのように異言は、聖霊と私の共同作品なのである。だから、それを努力して語れば、神も喜ばれるし、私も満足することができる。そしてパウロのように、神に感謝するのである。しかし、どのようにしてそれを充実させられるのだろうか。
 まず第一には、心を解放して、聖霊に明け渡す必要がある。第二には、積極的に可能性を探すことである。新しい思い、新鮮な思い、従順な思い、神を愛する思い、勇敢な思い。つまり、聖書に記されている、あらゆる気高い思いを言葉として発音すべく、可能性を探求するのである。聖霊がそれを助けてくださる。パウロはかつて、第三の天にまで引き上げられるという経験をしたので、その可能性を誰よりも多く心の内に持っていたのだろう。だから彼は、あのように言うことができたのだと思う。
 私たちも自分の生きてきた人生、経験してきたこと、それらを通して神を知り経験したことのすべてを持って神を賛美すべく、新しい言葉に託すのである。すると聖霊が新しい思いを与えてくださる。あなたが三段登れば、聖霊は、次の三段を引き上げてくださる。
 その目的は、ただ一つ。神を賛美することである。それは、天国で最も生産性の高い行為に違いない。そして、この地上においても、それは、あなたの霊の内に、確かな実を結ぶ。たとえ、あなたがそれを感じることができなくても、霊の世界のことは、人間の理性では理解できないことなのだから、あなたの霊的な成長は、そのようにして促進され得るのである。なぜなら、あなたが異言を語っているとき、それは霊的な世界とこの世界を隔てる壁に耳を当てているようなものだからである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«聖霊について